ASUSのZenFone Max M2シリーズは2019年前半オススメスマホ

ZenFone Max M2シリーズ

■更新情報■4月2日:特定の周波数帯を使用できない不具合について
3月15日:販売先を追加記載

こんにちわ!こんばんわ!
モビカメ(@mobicamenet)です!

ASUSは先日から告知していた本日新製品スマホ2機種ZenFone Max M2(ZB633KL)ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)そして新サービス独自ブランド格安SIMである『ASUS ZenSIM powered by IIJ』を発表しました。

スポンサーリンク
MobiCame LINEアカウント開設記事更新情報プレゼント企画情報などを配信していく予定です。配信頻度は週1回ほどを予定しています。LINE友だち追加

ZenFone Max M2(ZB633KL)とZenFone Max Pro M2(ZB631KL)

ZenFone Max M2シリーズ

まずは新製品スマホであるZenFone Max M2(ZB633KL)ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)の紹介です。スペックに関しては、後ほど比較表を掲載しますが、ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)がミドルハイエンドで価格は38340円(税込)、ZenFone Max M2(ZB633KL)がミドルクラスで価格は28620円(税込)となっています。

最大の特徴は、最大35日間連続待ち受け(ZenFone Max M2の場合)可能な大容量のバッテリーを搭載している点とZenFone5(ZE620KL)などに搭載されたAIカメラ機能を搭載していることです。この2つの機能に注目して紹介していきます。

ZenFone5とZenFone3を比較実機レビュー!
ZenFone5(ZE620KL)を開封及び現在利用しているZenFone3(ZE520KL)との比較を行いたいと思います。

長期間利用でき、モバイルバッテリーのように使える大容量バッテリー搭載

ZenFone Max M2シリーズ

ZenFone Maxシリーズは、過去の製品でもこの大容量バッテリーという点が特徴的なシリーズでしたので、その流れを継承して今回のZenFone Max M2シリーズの両機種とも今までにない大容量バッテリーを搭載してきています。ZenFone Max M2(ZB633KL)は最大33日間連続待ち受け可能な4,000mAhを搭載、ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)は最大35日間連続待ち受け可能な5,000mAhを搭載しています。

前作のZenFone Max M1も4,000mAhと大容量バッテリーを搭載し毎日webを見たりTwitterやLINEなどをSNS朝昼晩使っていても2.3日充電せずに使えていました。YouTubeなどで動画等を見るともう少し使える時間は短くなると思いますが、2日充電せずに使えたら十分な容量だと個人的には思います。

ASUSの大容量バッテリーを搭載したZenfone Max M1実機レビュー
ASUS JAPAN(エイスースジャパン)から今回、レビュー用にエントリーモデルの格安スマホ端末である『Zenfone Max M1』を使用する機会をもらったのでレビューしていきたいと思います。

少し気になるのが、大画面化とSoCが前回よりも格上のチップを搭載していることから消費電力が上がっているのでZenFone Max M1よりも電池の持ちが落ちているのではないかと感じています。ASUS独自のZenUIも今回は搭載されておらず、バッテリーセーバー機能などもOS独自のモノだけという点もどう作用するのか。

大容量バッテリーを搭載していることで嬉しい機能としては、音楽を聴くことが好きな人では普段持ちあるワイヤレスイヤホンやスマートウォッチなどの充電がなくなった際にモバイルバッテリーのように電力を供給できる機能です。モビカメもワイヤレスイヤホンを持ち歩くのですが、モバイルバッテリーを持ち歩いていない時にこの機能を使い助かった経験があります。地味に便利な機能なのでオススメです!

オートで最適な撮影モードが可能なAIカメラ機能

ZenFone Max M2シリーズ

ZenFone Maxシリーズでは、カメラ機能に関して重視されていませんでしたが、ZenFone Max M2シリーズでは、ZenFone5(ZE620KL)に搭載されていたAIカメラ機能が搭載され、カメラ機能にも注目です。

ZenFone5(ZE620KL)で好評だったこのAIカメラ機能ですが、人物や花、風景、動物など13種類の被写体に対にして認識し最適な撮影モードをスマホが自動で設定してくれて、撮影する時はシャッターボタンを押すだけで、きれいな写真が撮れるという便利な機能なのです。ZenFone5(ZE620KL)で何度も撮影時に使っていましたが、認識はとても良くて自然で鮮やかな写真を撮れたことが印象的でした。画素数もZenFone5(ZE620KL)と同等の1,200万画素以上なので同じようなクオリティになるのではないかと感じています。

スペック比較表

ZenFone Max M2(ZB633KL)とZenFone Max Pro M2(ZB631KL)の詳細スペックを表にして紹介します。

ZenFone Max M2シリーズのスペック表
各項目スペックスペック
機種名ZenFone Max M2ZenFone Max Pro M2
ディスプレイ6.3インチ6.3インチ
解像度1,520×7202,280×1,080
SoCSnapdragon 632Snapdragon 660
RAM4GB4GB
ROM32GB64GB
OSAndroid 8.1Android 8.1
リアカメラ約1300万画素
200万画素
約1300万画素
500万画素
フロントカメラ800万画素1,300万画素
バッテリー4,000mAh5,000mAh
WiFi規格802.11 b/g/n802.11 b/g/n
microSD対応対応
防水防塵機能
本体サイズ高さ約158.4mm
幅約76.2mm
奥行き約7.7mm
高さ約157.9mm
幅約75.5mm
奥行き約8.5mm
重量約160g約175g
接続端子MicroUSBMicroUSB
カラーミッドナイトブラック
スペースブルー
メテオシルバー
ミッドナイトブルー
コズミックチタニウム
その他2CA対応 DSDV
トリプルカードスロット
2CA対応 DSDV
トリプルカードスロット
発表日2019年3月15日2019年3月15日

ZenFone Max M2シリーズは幅広い層に受け入れられるスマホ

ZenFone Max M2シリーズ

ZenFone Max M2シリーズの2機種は、ほんとにちょうどいいスペックを搭載して幅広い層に当てはまるスマホだと感じる機種です。最大の特徴である大容量バッテリーという点は、スマホを使う人であれば誰でも経験しているバッテリー切れの心配を考慮されて作られており処理を行うチップセットもSnapdragonの600番代シリーズと普段遣いには十分なスペックを要していると思います。ゲームをガンガンするという方は、ゲーミングスマホやSnapdragon800番代を搭載したハイエンドスマホを検討された方がいいと思いますが、ライトにゲームを楽しみたいという方でも安心して使えると思います。個人的は、かなりオススメなスペックでなおかつ価格もスペックが高いZenFone Max Pro M2(ZB631KL)でも3万円台後半とお買い得な価格になっていることから人気がでそうです。

ZenFone Max M2シリーズのシステムアップデート情報を随時掲載していますのであわせてどうぞ!

【6月12日更新】ZenFoneシリーズシステムアップデート情報
このページでは、ASUSとエイスースジャパンから発売されているZenFone5シリーズ3機種の日本版 及び海外版のシステムアップデート状況をまとめて掲載していきます。

ZenFone Max M2シリーズを取り扱う格安SIMなど一覧

ZenFone Max M2シリーズを販売する格安SIMサービス各社を紹介します。(2019年3月15日現在)
※各社が行っているキャンペーンなどにより端末価格が、時期などにより変わります。

OCN モバイル ONE

NifMo

mineo

DMMモバイルエキサイトモバイルASUS store

独自ブランド格安SIM『ASUS ZenSIM powered by IIJ』

ZenSIM

発表会でもう一つ発表された新サービスである独自ブランド格安SIMである『ASUS ZenSIM powered by IIJ』を見ていきましょう。こちらの発売日もZenFone Max M2シリーズと同じく3月15日からとなります。

こちらはASUSが格安SIMサービスを提供するのではなく、IIJmioモバイルサービスを使う内容となっています。なので契約申込用コードが入ったパッケージを、購入後(スマホとのセット販売の為、単体購入は現時点でできません)記載されたエントリーコードでIIJmioモバイルのサイトで申し込みをすると後日SIMカードが送られてくるという流れになっています。契約できる回線種類は、ドコモ回線のタイプDとAU回線のタイプAとなります。

料金プランなどを下記の表にまとめてみました。

ASUS ZenSIM料金プラン表(税抜)
プラン名月額料金データ容量通話料
ミニマム16003GB20円/30秒
ライト22206GB
ファミリーシェア326012GB
SIM価格:3000円

特定の周波数帯を使用できない不具合について

ASUSの日本法人であるASUS JAPAN株式会社は、2019年4月2日にZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)で特定の周波数帯を使用できない不具合が発生していたと発表しました。

ZenFone Max Pro M2(ZB631KL)の特定の周波数帯を使用できない不具合についてASUSが対応を発表
ASUSの日本法人であるASUS JAPAN株式会社は、本日ZenFone Max Pro (M2) (ZB631KL)で特定の周波数帯を使用できない不具合が発生していたと発表しました。併せてユーザーに対する対応方法なども発表になりました。

キャンペーン開催中で1年間は3GB増量と通信量620円引

IIJmioモバイルサービスの提供ということでキャンペーン内容も同じように行われています。ASUS ZenSIM 発売キャンペーンとして5月8日までに契約すると1年間3GB増量と通信量620円引(音声プランの場合)されます。その他の特典はキャンペーンページにてご確認ください。

ASUS ZenSIM 発売キャンペーンサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました