フォロワーアンド読者サンクスプレゼント開催中!

日頃の感謝を込めて!応募方法等はこちらの記事で紹介!

記事はこちら

Xiaomi MiA1 開封レビュー Androidone搭載ミドルハイスペック端末!

Xiaomi MiA1

こんにちわ! こんばんわ! Geekbuyingアンバサダーのモビカメ@mobicamenet)です!

今回は、参加しているGeekbuyingアンバサダーから人気機種である『 Xiaomi MiA1 』をお借りしたので早速開封レビューしていきたいと思います。MobiCameも以前から気になっており、初めて触るAndroidone搭載端末ということでワクワクしています。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi A1 スペック

各部機種名:
OSAndroid 7.1.2
(Android 8.0アップグレード予定)
CPUSnapdragon 625
ディスプレイ5.5型インチ 1920×1080)
RAM4GB
ストレージ64GB
microSD最大128GB
背面カメラ1200万画素×2(広角+望遠)
前面カメラ500万画素
バッテリー3080mAh
SIMサイズSIM1:nanoSIM SIM2:nanoSIM
3G+4Gのデュアルスタンバイ○(4G+3G)
サイズ高さ: 5.54 幅:7.58 厚さ:0.73cm
重さ165グラム
Wi-Fi802.11 b/g/n
Bluetooth4.2
NFC×
GPSA-GPS, GLONASS, BDS
センサ
充電ポートUSB Type-C
カラーBlack, Gold, Rose Gold

Xiaomi MiA1 通信キャリア対応バンド

■docomo(ドコモ)

docomologo

Xiaomi Mi A1で対応している周波数をドコモの対応周波数と照らし合わせてみました。

◆3G(FOMA フォーマ)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band6800MHz帯×
Band91.7GHz帯×
Band19800MHz帯×

◆LTE(Xi クロッシィ)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band31.7GHz帯
Band19800MHz帯×
Band211.5GHz帯×
Band28700MHz帯×
Band423.5GHz帯×

■au(エーユー)

Xiaomi Mi A1で対応している周波数をエーユーの対応周波数と照らし合わせてみました。

◆3G(CDMA2000)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band0-2800MHz帯×
Band6GHz帯×

◆LTE

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band111.5GHz帯×
Band18800MHz帯×
Band26850MHz帯×
Band28700MHz帯×
Band412.5GHz帯×
Band423.5GHz帯×

■SoftBank(ソフトバンク)

Softbanklogo

Xiaomi Mi A1で対応している周波数をソフトバンクの対応周波数と照らし合わせてみました。

◆3G(W-CDMA)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Bnad8900MHz帯
Band111.5GHz帯×

◆LTE

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band31.8GHz帯
Band8900MHz帯
Band412.5GHz帯×
Band423.5GHz帯×

Xiaomi MiA1 開封レビュー

Xiaomi_MiA1パッケージその1

Xiaomi_MiA1パッケージその1

では、早速開封を行っていきます。
まずパッケージは、表面に商品画像と上部には、Androidoneのロゴマークや、Xiaomiのロゴマークが記載されています。

Xiaomi_MiA1パッケージその2

Xiaomi_MiA1パッケージその2

Xiaomi_MiA1 同梱物一覧

Xiaomi_MiA1 同梱物一覧

箱から同梱物等をすべて取り出して並べみました。

Xiaomi_MiA1 USB type-Cケーブル

Xiaomi_MiA1 USB type-Cケーブル

Xiaomi_MiA1 USB電源アダプター

Xiaomi_MiA1 USB電源アダプター

USB電源アダプターに関しては、海外版ということで使用する際は、日本で使えるUSB電源アダプターを購入するかコンセント変換機器が必要となります。

Xiaomi_MiA1 液晶保護フィルム

Xiaomi_MiA1 液晶保護フィルム

海外端末で困るのが、液晶保護フィルムやスマートフォンケース等のアクセサリー類なのですが、このXiaomi MiA1 では、保護フィルムが同梱されているのでうれしいですね!スマートフォンケースに関しては、日本のAmazonでもいろいろ販売されています。

Xiaomi_MiA1 本体前面

Xiaomi_MiA1 本体前面

次に本体を見ていきます!
前面はシンプルなデザインで、液晶部分は、サイドがほぼベゼルレスな感じです。
ガラスの感じは、滑りがよく液晶さわり心地はiPhone等に近い感じがします。

Xiaomi_MiA1 本体前面カメラ部分

Xiaomi_MiA1 本体前面カメラ部分

液晶上部に左から白く光っている通知LED、右隣がフロントカメラ、そして通話時のスピーカーになっています。

Xiaomi_MiA1 本体背面

Xiaomi_MiA1 本体背面

本体背面は樹脂製のものですが安っぽさは感じずどこかシックな感じの大人かっこいいデザインとなっています。さわり心地は、マットなつや消しのブラックになっているので指紋がつくなどを気にせず触ることができます。

Xiaomi_MiA1 本体背面Xiaomiロゴ

Xiaomi_MiA1 本体背面Xiaomiロゴ

Xiaomi MiA1 指紋センター

Xiaomi MiA1 指紋センター

背面中心部には指紋センサーがついています。
この部分は、人により使い心地が変わってきますが、個人的には背面の方が使いやすいタイプです。以前はこの部分が、長方形だったりしましたが、最近は丸になってきてますね。

Xiaomi MiA1 背面カメラ

Xiaomi MiA1 背面カメラ

背面カメラはAndroidone端末としては初めてではないでしょうか?デュアルレンズ採用され広角と望遠を分けて使うことができます。

Xiaomi MiA1 背面カメラ出っ張り

Xiaomi MiA1 背面カメラ出っ張り

背面カメラの出っ張りが気になる方もいると思うので水平にして撮影してみました。
気持ち出ているので少しだけ浮いた感じにはなりますが、もしスマートフォンケースなどを付けるのであれば問題ないと思います。

Xiaomi MiA 左側面

Xiaomi MiA 左側面

本体左側面上部にはSIMトレイスロットが収納されています。
付属しているSIMピンを使って出してみます。

Xiaomi MiA1 SIMスロット その1

Xiaomi MiA1 SIMスロット その1

Xiaomi MiA1 SIMスロット その2

Xiaomi MiA1 SIMスロット その2

出してみるとこんな感じです。
SIMとしてはNANOSIMが2枚入る設計になっています。MicroSDカードを利用する場合は、SIMは1枚のみとなります。

Xiaomi MiA1 本体右側面

Xiaomi MiA1 本体右側面

本体右側面は、上部に音量上下ボタンと真ん中に電源ボタンが付いています。

Xiaomi MiA1 本体底面

Xiaomi MiA1 本体底面

本体底面には、左から最近スマートフォンからなくなりつつあるイヤホンジャック、真ん中にはUSB type-C ポート 最後にスピーカーとなっています。

Xiaomi Mi A1 開封編まとめ

Xiaomi MiA1

Xiaomi MiA1

スペックに関しては、ミドルハイスペックとなっており少し触った感じですが、動作はもたつくことなくてレスポンスはかなりいい感じですで、タッチの反応もよかったです。

対応周波数は、技適問題は残りますが、海外系になるとどうしてもドコモやauは対応周波数としては弱いのですが、ソフトバンクやワイモバイルであれば多くの周波数が対応となっています。DSDSにも対応しているので2枚使っての運用も可能です。

外観に関しては、ボタンも小さすぎず大きすぎない設計なので押しやすく反応も問題ないです。机においた際のカメラの出っ張りが気持ち気になりますが、スマートフォンケースをつければ問題ないかなと思う感じです。

次は実際に使ったレビューを掲載しますのでお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で