「4G LTE」と「WiMAX 2+」のキャリアアグリゲーションが進化! 受信最大590Mbpsへ

シェアする

Speed Wi-Fi NEXT W04


KDDI、沖縄セルラーは、4G LTEの150MbpsとWiMAX 2+の440Mbpsを組み合わせることで、受信最大590Mbpsの高速データ通信サービス提供を開始すると発表しました。

スポンサーリンク

提供開始日時

2017年5月16日

提供開始エリア

東京都、愛知県、大阪府の一部エリアから順次

対応機種

Wi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」
※2017年5月16日より配信されるソフトウェアアップデートを行うことにより対応
※今後発売を予定しているauスマートフォンも対応していくとのこと

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”eco-return:10030836″ title=”新品 未使用 【UQWiMAX版】Speed Wi-Fi NEXT W04 HWD35SGU GREEN モバイルルーター 本体 送料無料【当社6ヶ…”]

キャリアアグリゲーションに関して

UQWIMAXが提供しているWiMAX 2+で現在は、データの送信側 (基地局) と受信側 (端末) のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、「4×4 MIMO」と「キャリアアグリゲーション」を組み合わ、受信時最大440Mbps のサービスを行っています。

今回のスピードアップは、4G LTEの150MbpsとWiMAX 2+の440Mbpsを「キャリアアグリゲーション」を活用して組み合わせることにより、受信最大590Mbpsと高速通信が可能になったそうです。今後、発売を予定しているauスマートフォンも対応していくとのことです。

まとめ

動画等のデータが重いコンテンツが増えてくることでスピードも上がってきましたが、
だんだんスピードよりもデータ容量のスピード制限や通信コストの方が、注目を浴びてきていますね。もっと安価に通信ができるようになり、高速通信を楽しめればいいんですが、なかなかそうはいかないですね。。

[wpap service=”rakuten-ichiba” type=”detail” id=”eco-return:10030836″ title=”新品 未使用 【UQWiMAX版】Speed Wi-Fi NEXT W04 HWD35SGU GREEN モバイルルーター 本体 送料無料【当社6ヶ…”]

関連記事
■関連記事
「4G LTE」と「WiMAX 2+」のキャリアアグリゲーションが進化! 受信最大590Mbpsへ
この記事をお届けした
MobiCameの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする