楽天モバイルのRakuten miniをファーストインプレッションレビュー

楽天モバイルのRakuten miniをファーストインプレッションレビュートップ画像

こんにちわ!こんばんわ!
モビカメ(@mobicamenet)です!

楽天モバイルがMNOとして2020年4月に正式サービス開始の前に現在行っている『無料サポータープログラム』に昨年10月応募しましたが、落選し正式サービスまで利用できないんだろうなぁと思っていましたが、1月下旬に発表された第二次募集にて参加する権利を得ることができました。

なかなか申し込み行くことができず、ようやく楽天モバイルショップへ行くことができ楽天モバイル対応端末であり、楽天モバイル初のブランドスマホである『Rakuten mini』をゲットすることができましたので、今回は機種のファーストインプレッションレビューを行っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Rakuten miniの概要

Rakuten miniは、モバイルFeliCa搭載のスマホとして世界最小で最軽量なスタイルが売りのスマホとなっています。なので買う前からメイン使いなどは考えておらず、サブスマホとしての利用を想定して購入しました。スペックなどを見ても3.6インチの液晶は、ウェブを見ることやTwitterなどのSNSを利用することでもちょっと不向きなサイズになっています。先に記載したとおりFeliCaが搭載されていることによりおサイフケータイや昨今流行しているQR決済端末として利用できるのではないかと考えています。

開封から端末の外観紹介

まずは、商品の開封レビューからしていきます!

RakutenMiniの製品箱

製品の箱はトップにRakuten miniの文字がシルバーでロゴのように印字されています。白の箱にシルバーというシンプルなデザインが、ぷちラグジュアリー感を出してくれているような・・・少し中身を期待するデザインになっています。

RakutenMiniの製品箱開封

中を開けてみると・・・よく見るこれまたシンプルに収納されています。

RakutenMiniの製品一覧

とりあえず中身を出してみると本体の他には、シンプルな取扱説明書、充電用のUSBアダプター、充電用のUSBtypeC対応のケーブル、イヤホンジャックが搭載されていないのでUSBtypeC端子からイヤホンジャックへの変換アダプターとなっています。

RakutenMiniのUSBtypeC端子からイヤホンジャックへの変換アダプター

USBtypeC端子からイヤホンジャックへの変換アダプターは、線が細いので強度が大丈夫なのか気になる点はありますが・・・今はワイヤレスイヤホンが人気ですし、このスマホのスペックでこれを使って音楽を楽しむという方は少ないのかなと感じるので気になる方はAmazonなどで購入を検討されるのがいいかもしれません。

RakutenMiniに付属のUSBアダプター

付属のUSB充電アダプターはUSB Aタイプのものです。バッテリー容量が少ないのでこれでも十分に早くできます。

RakutenMiniに付属のUSBケーブル

付属のUSBケーブルもカラーは本体の白に統一されたケーブルです。

RakutenMini本体ディスプレイ側

ここからはRakuten mini本体を見ていきましょう。ディスプレイは3.6インチのベゼル部分を大きくとったスタイルとなっています。フロントカメラーや光センサー、スピーカーなどがあります。

RakutenMini本体背面側

次はRakuten miniの背面です。本体中央部には楽天のロゴがしっかり入るブランドスマホとしての主張がされています。キャリアスマホという位置づけですが、Rakuten miniの違いは製造メーカーは公にせずにいるところでしょうか。ちなみに輸入をしているのはWiko Japanで製造はShenzhen Tinno Mobile Technologyとなっています。

FeliCa(おサイフケータイ)対応スマホとしては世界最小、最軽量とのことからFeliCaマークもしっかり刻字がされています。後日記載の使用レビューにも記載しますが反応はしっかりしており問題なく利用できます。

RakutenMini本体側面ボタン箇所

側面のボタン部分は音量と電源ボタンの2種類となっています。

RakutenMini本体下部

充電とデータ通信を行うポートは、USBtypeCとなっています。このサイズでエントリークラスならばMicroUSBになるケースがありますが、しっかり対応してくれていることはうれしいですね。最近のスマホには珍しくストラップホールが右角についています。先日本体を部屋の中で紛失したのでここに紛失防止タグをつけようかと検討しています。

RakutenMini本体上部

本体上部にはマイクが搭載されています。

RakutenMini本体背面カメラ

カメラは単眼の約1600万画素対応。写りはこのクラスなので過度な期待はもっていませんでしたがなかなか使えます。 LEDライトもしっかり光るのでこの本体サイズだとライト代わりにも使うことが便利です。

RakutenMini本体ディスプレイメニュー表示

ディスプレイのメニュー表示は丸型の特殊なUIとなっています。以前にレビューしたミニスマホである『Palm Phone』と同じ形式ですね。

Rakuten Miniのスペック表

Rakuten Miniのスペック表
各項目スペック
機種名Rakuten Mini
ディスプレイ3.6インチ
解像度1280 × 720
SoCSnapdragon439
RAM3GB
ROM32GB
OSAndroid9
リアカメラ約1600万画素
フロントカメラ約500万画素
バッテリー1250mAh
WiFi規格802.11 a/b/g/n/ac
microSD非対応
防水防塵機能IPX2 / IP5X
本体サイズ高さ 106.2mm
幅約 53.4mm
奥行 8.6mm
重量79g
SIMeSIM
接続端子USB TypeC
カラーナイトブラック
クールホワイト
クリムゾンレッド
発売日発売中

Rakuten Miniを見た感想

RakutenMiniはおサイフケータイを搭載

Rakuten Miniを持ってまず本体サイズのコンパクトさに驚かされました。今まで持ったスマホの中で一番小さくて普段持っているZenFone6(ZS630KL)と比べると軽いのとコンパクトなどことから普段持ちのセカンドスマホにピッタリ。かばんの中に入れても重さを感じず、おサイフケータイが搭載されているので電子マネーを入れたりすることで財布の中身も不要なカードなどを減らすことができ軽くなりました。しかし、ディスプレイの小ささからメインスマホとして使うには少々物足りなさを感じることから私の利用用途はお財布代わりのスマホという感じになりそうです。

次回は1ヶ月程利用した感想などを紹介していきます。
今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました