楽天モバイルが事務手数料0円と新サービスや新端末発表

楽天モバイルカンファレンス発表一覧

様々な話題で今年も注目されている楽天モバイルは2020年11月4日に『楽天モバイルプレスカンファレンス』を開催し2つの新しいサービス、新キャンペーン内容、新端末の発表行いました!無料サポーターから利用し続けているMobiCameがカンファレンスを見て思った感想なども含めて紹介していきます!

スポンサーリンク

MNP転出手数料やSIM手数料などが0円になったZERO宣言

MNP転出手数料やSIM手数料などが0円になったZERO宣言

楽天モバイル プレスカンファレンスが開始してまず発表されたひとつめの新サービスは、MNP転出手数料やSIM手数料など8つの項目を0円とする『ZERO宣言』でした。項目の中身は、プラン料金1年間料金、5G通信、契約解除手数料、先日発表されたSIM交換手数料、SIM再発行手数料、そして今回追加されたMNP転出手数料と契約事務手数料の合計8項目です。MNP転出手数料と契約事務手数料は本日から0円となります。

総務省が先日発表したアクションプランに対応したMNP転出手数料の無料化

他の通信会社であるドコモやau、ソフトバンクでは、新規契約や機種変更でも事務手数料が発生するなか楽天モバイルでは一気に0円を打ち出してきました。そして総務省が先日発表したアクションプランに対応したMNP転出手数料の無料化。Rakuten miniなどの件で総務省から目をつけられているので早めの対応を行ったのか、結果的に他社から先手を奪った形となりました。

楽天モバイルのZERO宣言詳細

MobiCameはiPhoneSE2020を購入して利用していましたが、その際にeSIM交換手数料と現在物理SIMを利用するために発行手数料を払っていたのでもうちょっと早く発表してくれたら(涙)

本人確認手続きをオンラインで完結eKYC『AIかんたん本人確認』を開始

通信契約向けで国内キャリア初eKYC(電子本人確認)を開始

2つめの新サービスは、申し込みから開通まで自宅にいながらスマホから行える本人確認手続きをオンラインで完結できるeKYCの『AIかんたん本人確認』を2020年11月9日(月)から開始すると発表しました。通信契約向けで国内キャリア初とのことですが、発表後の某キャリアから声が上がったりしていましたが・・・。

AIを使ってスマホだけで本人確認するAIかんたん本人確認

楽天モバイルのキャリアアプリである『my 楽天モバイル』を利用してeSIMの契約をする際に利用できるサービスとなるが現段階で利用できる本人確認書類は運転免許証のみとなっているが、今後マイナンバーカードにも対応するとの発表もありました。

スマホの新常識であるeKYCとeSIMについて

eKYCとeSIMについて

登壇者が変わって先のeKYCとeSIMに関してお店に来店しなくても即時に楽天モバイルのeSIMを契約できる流れが紹介。

楽天モバイルのAIかんたん本人確認

楽天モバイルのeSIMに対応したスマホを持っていれば『my 楽天モバイル』をインストールしeKYCを行うことですぐに楽天モバイルの回線が契約できます。

楽天モバイルeSIMの説明

eSIMも総務省のアクションプランに登場したものだが、サービス開始から楽天モバイルではキャリアの中で唯一利用できます。最近では、今までの物理SIMとeSIMのデュアルSIM対応したAppleのiPhoneやGoogleのPixelが登場していますのでこれから物理SIMのデュアルから物理SIMとeSIMのデュアル対応スマホがトレンドになっていくことも考えられます。

楽天モバイルeSIMはオンライン契約で即時開通

eKYCとeSIMを利用することで今までのオンライン契約では、利用開始から数日かかっていた回線開通が、即時開通が可能になるとのことでわざわざ宅配便でSIMを待たなくてもすぐに利用できるメリットは早く利用したい方にはうれしいですね。

すべて楽天モバイルeSIM対応の新端末3機種発表

楽天モバイルのオリジナルスマホシリーズ紹介

eSIMの話題から次に紹介されたのは、楽天モバイルから発売される新端末に関しての紹介です。

まずは、前回の楽天モバイル プレスカンファレンスで発表になっていた楽天モバイルのオリジナルスマホである『Rakuten Hand』です。片手に収まるボディサイズでミドルクラスのスペックを搭載したモデルです。今年はじめに発売されたコンパクトな『Rakuten mini』大画面の『Rakuten BIG』と比べるとちょうど大中小の中サイズですね。Rakuten Handは、Rakuten miniやRakuten BIGと同様eSIMのみのシングルSIM対応となります。

AQUOS sense4 liteとOPPO A73

楽天モバイルのeSIM対応としてシャープのAQUOS sense4 liteとOPPOのA73が発表されました。AQUOS sense4 liteに関しては楽天モバイル限定となるようです。シャープは、すでにAQUOS sense4シリーズとしてAQUOS sense4とAQUOS sense4 plusを発表していますが、AQUOS sense4 liteは発表されていない機種となりますが、sense4にちかいスペックと思われます。

楽天モバイルeSIMに対応したiPhoneなど一覧

楽天モバイルeSIM対応製品として製品名の発言はありましたが、iPhoneXR以降のeSIMを搭載した機種及びGoogle Pixelシリーズが紹介されていました。キャリアとしては早くiPhoneを発売できるようになりたいという思いがあるのでしょうが、まずはエリアを整えることが先となりますね。

楽天モバイル契約で最大28000ポイント還元のキャンペーン開催!

楽天モバイルが新たなキャンペーン開催

最後に楽天モバイルの新キャンペーン告知が行われました。

楽天モバイル契約で最大28000ポイントプレゼント

契約事務手数料も0円になり現在行われているプラン料金も1年間0円とお得な楽天モバイルですが、更に契約者獲得の為に2020年12月1日まで契約者には8000ポイントそして、スマホを一緒に購入すると20000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが発表されました。

キャンペーン適用条件のハードルがこんなに低くて良いのかと思うような内容ですが、それほど契約者の獲得が優先されていると思うのでまだ契約されていない方はチャンスですね!

今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました