『パソコンを使えない学生が増えている』今学生が抱える悩みは社会にとっても重要!

pakutaso_Personalcomputer

こんにちわ!こんばんわ!モビカメ(@mobicamenet)です!

このブログも様々な年齢層の方に購読頂き日々感謝しています!いつも見てくださっている方ありがとうございます!初めましての方、これからも宜しくお願い致します!

ガジェット系を取り上げていることで若年層の方の割合も多く、スマホ等デジタルガジェットに触れる機会が多い世代に興味を持って頂いているのだと思います。最近では、大学の卒論をスマホで作成するなどという話題を見たりもしています。

MobiCameの世代では、考えられなかった新しいやり方が出てきてますが、ちょっと気になる話題を最近みたニュースの中で感じたので書いていこうと思います。それは『パソコンを使えない若い世代が増えてきたこと』です。

スポンサーリンク

なぜパソコンが使えない世代が増えたのか?

最近では、日常的にスマホで様々な事が出来るようになってきました。配信されるアプリも莫大に増えパソコンでやっていたことが、スマホで出来るようになりスマホだけで事足りる様になってきたこともひとつだと思います。

操作性の面もパソコンは、キーボードやマウスを使ってキーを叩いたり、左クリック右クリック等様々なアクションを起こさないといけませんが、スマホの場合はシンプルに画面をタッチすることで操作ができてしまいます。文字入力も画面上に出てくるキーボードで入力したり、音声や指でなぞって文字を入れたりと直感的に操作ができるように分かりやすUIになっています。

スマホは物理ボタンが少ない、操作は画面!パソコンは、マウスやキーボードがないと操作ができず操作も慣れが必要!いろいろありますが、シンプルに使えて日常手に触れることが多いスマホが普及しだんだんパソコンを使う機会がなくなっていったのだと思います。

ニュースの中で、大学のゼミでパソコンを起動しようとした生徒が電源がつかないことから教授へ質問し、実際にどうやって電源をつけようとしたか確認したところディスプレイの画面を長押したりしていたというエピソードを見て個人的に仕方ないのかなと思う反面、この世代が社会人になった時の大変さを感じてしまいました。

日常はスマホ、しかしビジネスの世界はパソコン

pakutaso_Personalcomputer

スマホで出来ることが多くなりビジネスの世界でもスマホが使われることが多くなってきました。MobiCameも法人営業時代は、スマホが会社携帯として支給されていました。しかしまだAndroidが出て1年ちょっとだったので出来ることも限られている様な状態でしたが、外出先では、クラウドサービスへブラウザーでログインし営業報告を書き込んだりしていました。しかし、小さい画面で文字も打ちにくく素早く打ててもキーボードで打つスピードに比べると圧倒時に効率が悪い・・・結局はスマホは要点だけ箇条書で、社内に戻ってキーボードで詳細を打つ様な感じでした。メモ的な感じで使うならば問題ないですが、スマホで長文打つことは効率が悪いと感じていました。営業を離れた今もそうですが、日常的にもスマホで長文を打つことはないです。やはりブログを書くのもパソコンですし、様々な作業を効率的に行うことはパソコンでしかできないと考えています。

学生の時にパソコンを使って慣れておく!

pakutaso_nayamu

見ていたニュースの中で『就職活動の為にパソコン教室へ通う学生が急増』とも書いていました。今までもオフィスソフトのスキルを身に着け就職活動時のアピール材料として資格を取得する為に通うという話は聞いたりしましたが、最近通う理由はその前の段階で『パソコン操作を身につける』だそうです。

今は、会社に入りパソコンが使えることは当たり前の時代になっているので新人教育の中でパソコンの操作という項目がある企業は・・・まずないと思います。もちろん社内システムの使い方等そこでしかわからない事は質問して聞いたりできますが、マウスの使い方やキーボードの使い方を教えるという概念は企業側にはないと思います。

この記事を見ている学生の方でこの春から就職が決まったけどパソコンが使えない方もいるかもしれません。しかし、パソコンもスマホと一緒で触っていると自然と覚えてきます。ゲーム感覚で一つづつクリアしていくことで基本的なことは1ヶ月もあればつかえます。

周りにパソコンの事を聞ける友達や家族が居ない方は、よかったら相談にのりますのでTwitter問い合わせから連絡ください。

以上。
最後まで読んで頂きありがとうございました!
次回は初心者オススメのパソコン等を紹介したいと思います!

コメント