OPPOのOPPOR15DreamMirrorEditionを製品レビュー!

OPPO R15 Dream Mirror Edition001
こんにちわ!こんばんわ!モビカメ(@mobicamenet)です!

日本で先月発売した『OPPO R11s』が好評なOPPOが中国で新機種の『OPPO R15』シリーズを発表しました!日本でも発売されるかもしれない『OPPO R15 Dream Mirror Edition』を紹介したいと思います!MobiCameでは、現在『OPPO R11s』を借りて使っておりカメラの精度や使い方などすごく好感が持てる端末なので期待して待ちましょう!

スポンサーリンク

OPPOR15のDreamMirrorEditionのスペック

OPPO R15 Dream Mirror Edition001

OPPOR15のDreamMirrorEditionのスペック表です。

OPPOR15のDreamMirrorEditionのスペック表
各項目スペック
機種名OPPO R15 Dream Mirror Edition
ディスプレイ6.28インチ
解像度1080×2280
SoCSnapdragon660
RAM6GB
ROM128GB
OSColorOS 5.0(based on Android8.1)
リアカメラⅠ.2000万画素
Ⅱ.1600万画素
フロントカメラ2000万画素
バッテリー3400mAh
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
microSD最大256GB
防水防塵機能×
本体サイズ155.1 × 75.2 × 7.4 mm
重量175g
接続端子MicroUSB
SIMサイズナノSIMカード(デュアル)
カラーCeramic Black, Dream Mirror Red
発売日2018年4月1日

SoCはR11sと同じSnapdragon660を搭載しているが、RAMは6GB,ROMは128GBとハードのスペックはアップしている。画面サイズも少しアップしているが、本体サイズはR11sとほとんど変わらない。ちょっと残念なのはインターフェイスがMicroUSBであることですね。

OPPOR15のDreamMirrorEditionのオススメ機能

MobiCameが気になる機能をピックアップしてみます!

OPPO R15 Dream Mirror Edition001

AIポートレートモード

ソニーの新しいフラッグシップイメージセンサを採用し、AI人工知能搭載!新しいAIポートレートモードは、デュアルカメラのボケ、3Dポートレート照明、新しいムービースタイルを備えています!

日本での発売も気になる!

今年進出したOPPOですが、最近は日本法人採用情報を掲載するなど一気に人材を確保しキャリアやMVNOへ売り込んでいくようです!日本向けにアジアトップシェアを持つOPPOがどれだけ認知度を上げていけるかがまず注目のポイントですが、iPhoneライクなUI等、現在の日本のスマホシェアを考えると徐々にAndroidへ移っていく時期もでてきそうですね。これから出てくる端末も注目していきたいと思います!

今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました