モバイルバッテリー発火事件が発生 | 消費者庁重大製品事故と発表

モバイルバッテリー発火事件が発生

こんにちわ!こんばんわ!
モビカメ(@mobicamenet)です!

消費者庁は、2018年9月19日(水)に『消費生活用製品の重大製品事故に係る公表について』としてリチウム電池内蔵充電器(モバイルバッテリー)の使用中に発火した事件を発表しました。該当製品は、特定できませんが、モバイルバッテリーを輸入した会社名が出ていますので該当製品をお持ちの方は、念の為お気をつけください。

スポンサーリンク
ピックアップ情報

ジンバル級の手ぶれ補正機能搭載した『Insta360 ONE X』を発表

Insta360 ONE Xの豊富なオプション製品

【PR実機レビュー】最新急速充電規格対応『cheero Power Plus4 13400mAh

モバイルバッテリー発火事件について

今回の事件は、株式会社MSソリュー ションズが輸入した製品で携帯電話機(スマートフォンだと思われます)を充電中、 モバイルバッテリー及び周辺を焼損する火災が発生し、 1名が火傷を負ったとのことです。原因に関しては、現在調査中とのことです。

すべての製品にて同じような状況が、発生するか現段階では不明ですが、念の為、株式会社MSソリュー ションズが輸入した製品を利用されている方は、原因がわかるまで利用を控えるなどされることをオススメします。

■参考リンク■株式会社MSソリュー ションズのモバイルバッテリー
(上記サイトの2ページ目以降に掲載されてます)

モバイルバッテリーの利用に関して

スマホの普及により多く利用されているモバイルバッテリーですが、中身は取扱を間違うと火災などを起こす可能性があるリチウムイオン電池が、内蔵されています。過去には、電車内やテーマパークで発火事件が発生し注目されました。

モビカメでも紹介しているメーカーに関しては、安心安全をいつもお伝えしていますが、大手家電量販店やネットショップで販売されている製品の中には、輸入し製品を卸しているだけの企業もあります。そういう製品の中には、安全性が担保されていない製品もあると思われます。

この記事を見て頂き共感頂けた方には、ぜひ周りの方にもお知らせ頂きたいのですが、モバイルバッテリーを利用しているもしくは、購入されるという方は、しっかりとしたメーカーの製品を購入されることをオススメしてほしいのです。モバイルバッテリーのみではなくリチウムイオン電池を搭載した製品の購入は、こういった発火事故が発生する可能性があるのです。

身近で事故が起こる前にぜひ話してあげてください。

モビカメでも製品を紹介しているcheeroさんがモバイルバッテリーへの安全性を確認する実験の動画が掲載されています。よかったら参考にしてください。

今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

■参考リンク■モバイルバッテリーに関する記事
【公式】消費者庁(2018年9月19日発表分に当事件を記載)

コメント