Leica デュアルカメラ 最新AI対応SoC 『 Huawei Mate10 Pro 』 | MobiCame

Leica デュアルカメラ 最新AI対応SoC 『 Huawei Mate10 Pro 』

シェアする

mate10projp

こんにちわ! こんばんわ! モビカメ@mobicamenet)です!

11月28日更新:日本でも発売が決定しましたの記事を更新しました。

以前は、『 Huawei Mate10 』のリーク画像を掲載しましたが、とうとう日本でも製品発表され発売日や価格も発表されました。発売日は、12月1日、価格は、89,800円(税別)となります。

スポンサーリンク

Huawei Mate10 pro スペック情報

mate10projp

気になるスペックは、最新のはフラグシップSoCである AIの演算に特化したNPU(Neural Network Processing Unit)を搭載したKirin970プロセッサ、ディスプレイは、5.9インチの2880×1440(アスペクト比は流行りの18:9) IPSディスプレイと、6GBのRAMと、64GBまたは128GBのストレージを搭載。4,000mAhの大容量バッテリーを搭載するも、7.5mmの厚さとかなりスリムなボディとなっています。

mate10projp

背面には、デュアルカメラを搭載!2,000万画素(モノクロ)と1,200万画素(カラー)でLeicaと共同開発されたものです。両レンズとも光学式手振れ補正、F値1.6の明るいレンズを採用。IP68の防水/防塵、Cat 16 LTEモデムを搭載し、Android 8.0 Oreo(EMUI 6.0)です。

■ スマホを液晶テレビに繋げればPCみたいに使える!

mate10projp

Huawei も他メーカーでも採用しているPCモードを搭載してきました。モバイルキーボードと変換ケーブルさえ持ち歩ければどこのHDMIを搭載した液晶テレビで使うことができます。

■ 世界初!DSDV対応!

mate10projp

今までのDSDS端末は、3G+4Gということで音声は3Gでしか使えませんでしたが、世界で初めてDSDVに対応ということです。しかし、MVNOで多く採用されているドコモ回線ではなく、ソフトバンク回線のみ対応ということです。ちなみにauはデータ通信も非対応だそうです・・・

MVNO取扱状況

IIJmio
イオンモバイル
エキサイトモバイル
OCN モバイル ONE
NifMo
楽天モバイル
LinksMate

(2017年11月28日現在)

前作の Mate9 はかなり値段が下がってきました!

最新の Mate10 も気になるところですが、つい先日海外では、『 Huawei Mate9 』のAndroid 8.0 oreo 搭載機の情報がでていました。今年中もしくは、来年初め頃にはOSのバージョンアップされると思われますので、こちらもLeicaレンズを搭載しており、クオリティにも好評な機種ですのでオススメです!

関連記事