ちょっと待って!ソフトバンク『半額サポート for iPhone』を適用する前に注意すること!

シェアする

SBhangakuiPhone

こんにちわ!こんばんわ!モビカメ(@mobicamenet)です!

SoftBank(ソフトバンク)からiPhone 8 と iPhone Ⅹ の購入時に利用できる購入方法として『半額サポート for iPhone』が、発表されました。新規契約や機種変更でも適用される様なので現状ソフトバンクユーザーの方も、そうではない方も利用されるとお得になるかもしれないのですが、サービス内容を確認していると、安易に利用すると大変なことになるかもしれない点があったので紹介していきますね。

スポンサーリンク

『半額サポート for iPhone』とは?

まずは、『半額サポート for iPhone』がどのような内容なのか説明していきます。

シンプルに説明すると、『分割にて購入したiPhoneを24ヶ月間利用したら残りの端末分割支払金(最大24ヵ月分)を免除します』という内容です。

加入条件その1:端末分割回数は48回(4年)払い!

SBhangakuiPhone

なぜ24ヶ月間(2年)利用して端末の支払いが、まだ24ヶ月分残っているのでしょうか?と気づく方もいらっしゃると思います。そうなんです!加入条件の1つであり、ひとつ目の注意点が、『半額サポート for iPhone』を利用すると端末分割支払い回数が、48回(4年)になります。48回になったからといって金利が発生するわけではないので単に、支払期間が伸びるということです。しかし、この点も注意なのです。それは、後ほど説明しますね。

加入条件その2:データ(パケット)定額サービスに加入

nayamu

加入条件その2は、データ(パケット)定額サービスに加入が必須であるということです。
データ(パケット)定額サービスに関しては、インターネットをする際に必須オプションであることと、割引サービスである『月月割』の適用にも必要なのでほとんどの方が、加入されると思いますので問題ないと思います。

しかし・・・ここで2つ目の注意点!『家族データシェアの子回線を除く』ということです。
家族データシェア』とは、簡単に説明すると親回線1回線に対して子回線最大9回線とパケット通信容量をシェアするサービスです。先程の子回線を除くというのは、家族データシェア』サービスを利用している子回線には、『半額サポート for iPhone』での購入はできません。

もし『半額サポート for iPhone』を利用する場合は、家族データシェアを抜けて別のデータ(パケット)定額サービスに加入することが必要になります。あまりパケット通信を使っていない方にとっては、通信費の増額となる可能性がありますので注意が必要です!

えっ!半額サポート適用条件は指定機種への機種変更?

nayamu

『半額サポート for iPhone』を、利用する際に注意しておかないといけないこと3つ目は、24ヶ月利用後にサポート適用条件としてソフトバンクが指定する機種への機種変更が必要になります!詳細の記載は、ありませんでしたが、iPhoneのみなのか、Android含まれるのか、もしくは新機種は適用できないのかなど、曖昧な表現の怖い点です。なのでもしかしたら自分が欲しい端末には、機種変更できないかもしれませんのでご注意ください。

ソフトバンクと契約中は半額サポート加入が条件

nayamu

例えるなら沼ですね。『おいしい話には、裏がある!』よくこの言葉を聞きませんか?私は、一番注意しないといけない点は、これだと思います!『半額サポート for iPhone』を適用する為には、機種変更後も『半額サポート for iPhone』または「機種変更先取りプログラム」に加入することが条件なのです。いやいや、私は一生ソフトバンクユーザー続けるから問題ないよ!という方は、ぜんぜん問題ないです。しかし、格安SIM等のサービスが出てきている最近では、通信費の見直しで通信キャリアの変更を検討される方もいると思います。解約したいと考えた時に1つ目の注意点が、ここで響いてきます。端末分割金が、24回よりも48回の方が少ないのは当然ですが、総支払額は変わりません。なので分割途中で解約する際の一括返済金額は、48回の方が多くなります。解約する時の費用計算をした時に何万とする金額が提示されたら解約を躊躇しますよね。支払いは、計画的に端末購入時しっかり考えて購入しましょう。

機種変更をした際に必ず残額が免除されるわけではない!

nayamu

『半額サポート for iPhone』は、最大で24回分の端末分割金が免除されるとお話しましたが、企業も無償でこのようなサービスが出来るわけではありません。購入方法の仕組みとして『半額サポート for iPhone』を利用する際に現在使っている端末は、回収しそれを中古市場に流すことで売却金を得るという仕組みです。端末買い取り金額は、購入時の半額分に関して、ソフトバンクが保証しますよ!ということです。これは、その時の中古市場価値にもよりますが、保証してくれるということはユーザーにとって安心ですね。しかし、ソフトバンクが定める回収条件に満たしていない場合は、故障時利用料として最大20,000円がかかります。
24ヶ月きれいに使っている方もいれば、使用環境上からどうしても画面が割れたり等する場合もあります。詳細は、査定に出してみないとわかりませんが、注意しないといけないですね。

月月割がきれる26ヶ月目以降は通信料が上がります

月月割

月月割』は、最大24ヶ月間の割引となっています。『半額サポート for iPhone』を適用した場合は、48回払いとなるので26ヶ月目の通信料支払いからは、値段が上がります。もしソフトバンクから他社(ドコモやau、格安SIM各社)へMNP(番号そのまま移行)する場合や解約をする場合は、使い続けると高い通信費を払い続けなくてはいけなくなるので、24ヶ月の更新時に端末の分割残債を払った方がお得です。

端末購入時に確認して購入しましょう!

nayamu

いかがでしたでしょうか?確か何も見ないで購入する時に『端末が半額になりますよ!』と説明されたら魅力的なサービスかなと思うと思います。しかし、注意点として今回挙げたことに関しては、後々の事を考えた際には重要なことなので抑えておいた方がいいと思います。いい話には裏がある。この記事をみて納得されてから購入頂けたら幸いです。

関連記事
■関連記事
ちょっと待って!ソフトバンク『半額サポート for iPhone』を適用する前に注意すること!
この記事をお届けした
MobiCameの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする