初めての人でも使いやすい2017年世界のVR業界で人気の Insta360 one を開封レビュー | MobiCame

初めての人でも使いやすい2017年世界のVR業界で人気の Insta360 one を開封レビュー

シェアする

insta360oneReview

こんにちわ! こんばんわ! モビカメ@mobicamenet)です!

2017年VR業界で大人気の次世代360度カメラ『  Insta360 one 』を、製造元の Shenzhen Arashi Vision 社 からお借りすることができました!前回の『 Insta360 Air 』も好評頂きモビカメをみて購入頂いた方ありがとうございます!今回もあれこれと触らさせて頂きレビューしていきたいと思います。まずは、第一弾として開封レビュー編です。

Insta360 one の性能などに関しては、先日書きましたこちらの記事をどうぞ!
最新情報:2017年11月25日 TOMTOPにて現在最安値セール中です!価格26500円 27日9時までなのでお早めに!

スポンサーリンク

開封前にまずは箱から

insta360oneReview

まずは、箱の外観からです。本体の写真がドン!とかっこよく掲載されている縦長の長方体になっています。表側に、Facebook , Twitter , Periscope(ペリスコープ) のロゴが掲載されています。Insta360oneでは、360度のライブ中継が可能になっているのです。360度ライブ中継に関しては、あの人気ガジェットサイトEngadget日本語版でYouTubeライブを毎週木曜日に行っているのでどんな感じなのかがわかりますので見てみて下さい!(撮影機材としては、Insta360 nano が使用されています)

サイドには機能の特徴がわかりやすく記載されている

insta360oneReview

箱のサイド全体

insta360oneReview

箱のサイドアップ

箱のサイドには、製品の特徴がわかりやすくアイコンと英語で記載されています。こういう感じは、全世界で販売されている製品のユニバーサルデザインという感じで特徴を捉えやすくてわかりやすいです。

Appleの厳しい性能基準をクリアした製品

insta360oneReview

MFI認証が表記される

製品特徴の下には、Apple iPhone iPad 製品では、よく見る『 Made for iPhone iPad 』ですね!これは、『 MFI認証 』と呼ばれるものなんです。ケーブルや、オーディオアクセサリ等の電子アクセサリを iPod、iPhone、iPad 専用に設計されていて、Appleが定める性能基準を満たしていることをデベロッパが、保証しているマークなんです。例えば、充電やパソコンを繋げてのデータ通信をする際に使う、Lightningケーブルですが、安価な製品だと急に『このケーブルは対応していません』といった文字が画面にでてきて充電できなくなったケースがあると思います。それは、Appleが性能基準を満たしていない製品なので使用を控えて下さいということなのです。この『 MFI認証 』が付いていることに安心して使える製品であるというマークなのでよかったら覚えておいた方がいいですね。Insta360oneもAppleの厳しい性能基準をクリアている製品ということなのです。

いよいよ開封!

insta360oneReview

開封後の写真

ではいよいよ開封です!

箱を開けるとシンプルにInsta360oneがケースに収納されています。箱からみるとちょっと小さい感じがします。外箱から同じように中もブラックのデザインとなっています。

insta360oneReview

本体を取り出し中蓋を取った写真

箱の中身はシンプル

insta360oneReview

箱の中を全部だした写真

箱の中身をすべて取り出してみました。中から出てきたのは、本体と長方形の箱が2つと説明書のようなものが1つとシンプルな感じです。説明書の様な紙もブラックとここまでほとんどブラックです。

薄い長方形の箱の中

insta360oneReview

薄い長方形の箱の中を開けて中身を取り出した写真

まずは薄い長方形の箱の中を取り出してみました。中からは、取扱説明書(日本語有), 保証書 , レンズクリーナーが入っていました。説明書はわかりやすく絵がついているタイプです。

Insta360ロゴが入ったレンズクリーナー

insta360oneReview

Insta360ロゴ入りのレンズクリーナー

Insta360 Air にも同梱されていましたが、今回もレンズクリーナーが同梱されています。360度カメラはレンズが湾曲していて指で触ってしまう事が使用上多くて、その度にレンズに汚れやホコリがついたりしてしまうのです。なので360度カメラを使用する時は、レンズクリーナーは外出先でも持っていくことをオススメします!

insta360oneReview

レンズクリーナー表面

前回の同梱されていたレンズクリーナーもさわり心地がよく、しっかり汚れやホコリも取ってくれて今回も不着心地もよくて、さわり心地が気持ちいいレンズクリーナーでした。

注目の機能!バレットタイム撮影方法の説明書!

insta360oneReview

バレット撮影説明書

Insta360oneの注目機能である『 バレットタイム撮影 』の方法が記載された説明書です。この記事を執筆時点では、まだ試せていないのですが、わかりやすくてこれを見ながらすれば成功するはず!

もう一つの箱の中身

insta360oneReview

小型長方形の箱の中身

小型長方形の箱の中身を取り出してみました。こちらは、Insta360oneを充電やパソコンと通信を行う為に使用するmicroUSBケーブルと、バレットタイム撮影時に使用するアクセサリーが入っていました。USB電源アダプターは、同梱されていなかったのでもしコンセントから充電する際は、別途準備が必要になりますのでご注意下さい。世界で販売するのでコンセント形状が違うことから入ってなかったのかもしれませんが、今後はコンセント充電用に入っているとうれしいですね。

バレットタイム撮影用アクセサリー

同梱されていたバレットタイム撮影用アクセサリーの写真です。

insta360oneReview

三脚穴にはまる形状

insta360oneReview

回しやすいように指でつまめる設計

insta360oneReview

紐は毛糸の用な感じでしっかり絡まっています。

insta360oneReview

長さの測っている写真

紐の長さを測ってみました。約90cmです。紐の形状が少し柔い感じがするので振り回していると消耗で切れそう心配がちょっとしますね。しかし、釣り糸の様な素材だと周りに人が居た場合や撮影に失敗した場合に怪我をしてしまう可能性もあるので柔らかい素材になったのだと思われます。このアクセサリーを使う時は、消耗具合を見ながら切れそうな時は、紐の交換をする事を考えながら使うことが大事ですね。

Insta360one本体の外観

insta360oneReview

Insta360oneをケースに入れた状態

最後に本体の外観を見ていきます。

箱に収納されている状態から取り出してみました。付属のケースに収納されています。まず個人的に気になったのが、ケースからレンズが出ている状態であることですね。このままカバンの中に入れたりすると中で物と当たりレンズに傷が入ったりする可能性があります。私は小さな巾着袋に入れてからカバンの中に入れようと思っています。

収納ケースは台にもなる

insta360oneReview

収納ケースを収納と反対側につけた状態

Insta360one本体を収納ケース反対側にさすと台のように使えます。これは、机の上など平坦なところで遠隔撮影する時に便利です!収納ケースが台にもなるという点は、大変気に入りました!これは360度撮影をす際に、三脚が不要ですごく助かります。

収納ケースから本体を取り出す

insta360oneReview

収納ケースから取り出した写真

収納ケースから取り出して机の上に置いてみましたが、机と本体が接している面のレンズも湾曲になっているので不安定な状態になります。使用される際は、平面な場所でも外出先のアスファルの等地面の上には寝かさして置くとレンズに傷が入るので注意してくださいね!

insta360oneReview

本体表面その1

insta360oneReview

本体表面その1の反対側

レンズの位置が非対称になっている

insta360oneReview

レンズの位置が少しずれている

わかりやすいように側面から撮影してみました。Insta360oneは、両面のレンズ位置が少しずれて設置されているのです。なぜかは・・・ごめんなさい、ただいま問い合わせ中です。わかりましたら記載します。

側面真ん中上部にある穴は、マイクの機能となっていて、この一箇所のみです。

insta360oneReview

本体上部

本体上部には、操作時に出る音のスピーカーとなっています。

insta360oneReview

本体下部

本体下部には、自撮り棒などでも使える三脚穴と、microSDカードスロット(写真は挿入済)があります。microSDを誤った方法でさすと入らない設計になっているので安心です。

insta360oneReview

右側のくぼんでいる部分は、本体電源ボタンです。iPhoneやiPadに接続した際は、自動で電源がONになります。

insta360oneReview

本体下部を摘んで持っています。下部の方からリセットボタン、microUSBポート、Lightningコネクター収納となっています。

insta360oneReview

赤く四角で囲った突起の部分を矢印の方向へ引っ張るとLightningコネクター部分が飛び出してきます。

insta360oneReview

Lightningコネクター飛び出し時

コンパクトで外観は可愛らしいデザイン

insta360oneReview

箱の中身から本体の外観まで見てみましたがいかがでしょうか?

まずは、本体のコンパクトさと持ちやすいと感じました。ここらへんは、個人差で手の大きさなども関係してきますが、単体で撮影する時も不便なく撮影できそうです。バレットタイム撮影の説明書があったり、専用のアクセサリーも付属している等もすぐに撮影できて便利ですね。

このサイズで、高画質撮影やバレットタイム撮影が出来るということで手に持ってから驚きをより感じることができます。外観の特徴としては、以上です

次回は実際に撮影した感じ等ををレビューしたいと思います。

関連記事