Insta360 GOは手ブレ補正機能を搭載したGoProを超える小型アクションカメラ

FlowState手ブレ補正機能を搭載した親指に隠れるほどの超小型アクションカメラInsta360 GO

こんにちわ!こんばんわ!
モビカメ(@mobicamenet)です!

Insta360は、先日の新製品発表予告Insta360oneXで大変好評なFlowState手ブレ補正機能を搭載した親指に隠れるほどの超小型アクションカメラInsta360 GO』を発表しました。Insta360.com公式ストアや全国の家電量販店(一部店舗を除く)、Amazonや各社オンラインショップなどの取扱店にて予約の受け付けを開始します。価格は各店舗にもよりますが、2万円台前半になるようです。

ビックカメラでの発売も開始されることがわかりましたので製品購入リンクに追加しました。ビックカメラのポイントを貯めているいる方は、Amazonよりもお得になります。

海外ECサイトのBanggoodで発売されているのでリンクを追加しました。

MobiCame LINEアカウント開設記事更新情報プレゼント企画情報などを配信していく予定です。配信頻度は週1回ほどを予定しています。LINE友だち追加

FlowState手ブレ補正機能を搭載した小型アクションカメラInsta360 GOの機能紹介

FlowState手ブレ補正機能を搭載した親指に隠れるほどの超小型アクションカメラInsta360 GO

今回発表になったInsta360 GOは、Insta360シリーズとして初めてのアクションカメラとなります。Insta360といえばiPhoneと接続して利用する360度カメラであるInsta360 nanoやスマホとWiFiなどの無線接続にて利用する360度カメラInsta360 oneXといった360度カメラを発売してきましたが、Insta360 GOではGoPproなどのようなアクションカメラの中でも親指に隠れるサイズの超小型アクションカメラとなっています。

Insta360 GOの本体と特徴

FlowState手ブレ補正機能を搭載した親指に隠れるほどの超小型アクションカメラInsta360 GO

早速Insta360 GOの本体を紹介していきます。
本体サイズは49.4 x 21.4 x 14.85 mm、重量はなんと18.3gと約5グラムの100円玉が3枚から4枚ほどの軽さです。カラーは、ホワイトのみとなっています。本体には、F値2.1のカメラとマイクと撮影などをワンタッチで行うことができるタッチセンサーボタンが搭載されています。

Insta360 GOの本体正面

Insta360 GOの本体左側面

Insta360 GOの本体右側面

Insta360 GOの本体上部

Insta360 GOの本体下部

Insta360 GOの本体背面

今までのアクションカメラは、手に持ったり自撮り棒に装着して撮影していましたが、Insta360 GOは本体サイズの小ささから自分の体に装着したり、後ほど紹介するマグネットや様々なアクセサリーを利用することで、乗り物の窓にくっつけたりはもちろん、様々な場所に邪魔になることなく設置することができます。

Insta360 GOの同梱アクセサリーは豊富すぎる

Insta360 GOの同梱アクセサリー
撮影時に役立つアクセサリーが、Insta360 GOには多数同梱されています。

Insta360 GOの充電ケース

まずは本体を充電する際や持ち運び時に便利な充電ケースです。フル充電した充電ケースでは、2.5回Insta360 GOの充電ができる容量のバッテリーが内蔵されています。充電ケース本体の充電へは、約1時間と出かける前に充電してもフル充電できますね。ちなみにInsta360 GO本体へのフル充電は約20分で行えるとのことなので移動中などでフル充電ができます。モバイルバッテリーを一緒に持ち歩けば充電を気にせずにいつでも撮影できそうです。

この充電ケースですが、スマホと接続することでInsta360 GOで撮影し保存した映像を高速で転送できる機能も搭載しています。ケーブルを接続したり無線でペアリングしたりというような手間な作業は必要ないので簡単です!

Insta360 GOの磁気ストラップ

丸い部分が磁石になっているのでInsta360 GOを接着して首からぶら下げて使える磁気ストラップ

Insta360 GOの簡易クリップやクリップバンド

服に挟んだりして利用することができる簡易クリップやクリップバンド

Insta360 GOの吸着バンド

くっつけて固定させる吸着バンド

Insta360 GOのピボットスタンドとピボットスタンドベース

様々な場所に固定させて利用することができるピボットスタンドとピボットスタンドベース

Insta360 GOは様々な撮影方法を搭載

Insta360 GOで利用できる様々な撮影方法と特徴を紹介していきます。

FlowState手ブレ補正機能でなめらかな動画が撮影できる

Insta360 GOは自分の服に装着したり自転車や自動車へ設置できることから動くことによる振動からブレをが発生する可能性がありますが、Insta360独自の手ブレ補正機能であるFlowStateが搭載されていることから、激しい運動をする際などでもブレの無い映像を撮影することができます。手ブレ補正機能(FlowState)に関しては、以前からInsta360シリーズを利用しているMobiCameも実体験していますが、砂利道を自転車で走行した際に起こる振動もなめらかな動画となったり、3mのロング自撮り棒を使った際に風が強くて自撮り棒がしなってゆれていましたが、撮影した動画を見るとすごくなめらかな動画に仕上がっていました。

insta360oneXを3mカーボン製自撮り棒に取り付けて撮影!ドローンで撮影したような風景

自動で動画を編集するフラッシュカットAI編集機能を搭載

Insta360 GOには、AIが最高の動画クリップを並べ替え、BGMのリズムに合わせて映像を調整し1つの動画を生成するフラッシュカットAI編集機能が搭載されています。食べ物、街の風景、笑顔といった様々なジャンルの動画撮影に対応し撮影の構図、ユーザーの好みに基づいてコンテンツを並べ替えることができます。発売と同時に配信されるInsta360 GOアプリ(Android及びiPhone対応)は手動で編集したいという方向けに、トランジションからカラーパレットや再生速度まで調整できる様々な機能を備えた編集ツールが搭載されます。

あらゆる方向からの飛沫に対するIPX4防水機能搭載

Insta360 GOは水しぶきや雨の中、穏やかな海での撮影や緩やかな川などの水中映像も10秒耐えられるIPX4の防水機能が搭載されています。

ハイパーラプス撮影が簡単に

Insta360 GOを一回タップするだけ撮影した動画を、6倍速で再生するハイパーラプス撮影が最長30分行うことができます。ハイパーラプス撮影は、プロの撮影現場で行われている撮影方法で撮影する為には、プロ用の高価な機材や編集スキルが必要だったのですが、Insta360のFlowState手ブレ補正機能によりInsta360 GOのみで簡単に撮影することができるようになりました。

バレルロール撮影

映像が徐々に回転していくような動画を見たことはないですか?あれはバレルロールといわれる編集方法で今までは、ソフトで編集をしたりとスキルが必要な表現方法だったのですが、Insta360 GOのアプリを利用することで撮影した映像の角度を簡単に変えたりすることもできます。例えば地面にInsta360 GOを設置して歩いていく映像を撮った際に編集して地面を映像下部から回転させて徐々に上部へ移動するというような動画が簡単に作れます。

Insta360 GOの詳細なスペック

Insta360 GOの詳細なスペック表を掲載します。

Insta360 GOスペック詳細表
サイズ49.4 x 21.4 x 14.85 mm
デバイススペックレンズ口径F2.1
動画の長さ標準、インターバル撮影、スローモーション: 15秒または30秒
ハイパーラプス:最大30分間の撮影と5分間の動画を生成する
タイムラプス:調節できるインターバル撮影、最大8時間の撮影と 9分間の動画を生成する
動画解像度標準: 2720×2720@25fps(撮影時)/1080@25fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
インターバル撮影: 2720×2720@25fps(撮影時)/1080@25fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
タイムラプス: 3040×3040@30fps(撮影時)/1080@30fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
ハイパーラプス: 2720×2720@30fps(撮影時)/1080@30fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
スローモーション: 1600×900@100fps (撮影時) /1600×900@30fps (アプリ経由でエクスポートの場合)
写真解像度3040×3040 (撮影時)
1:1 2560 x 2560でエクスポート
16:9 2560×1440でエクスポート
9:16 1440×2560でエクスポート
4:3 2560×1920でエクスポート
動画フォーマットinsv (撮影時) /mp4 (アプリ経由でエクスポートの場合)
写真フォーマットinsp (撮影時) /jpg (アプリ経由でエクスポートの場合)
動画ビットレート標準: 40Mbps
インターバル撮影: 2720@25fps 40Mbps
タイムラプス: 6x 40Mbps
ハイパーラプス: 40Mbps
スローモーション: 1600x900p100 40Mbps
動画エクスポートビットレート30Mbps (アプリ経由でエクスポートの場合)
防水規格IPX4
手ブレ補正FlowState (6軸ジャイロスコープ)
写真& 動画 スペック対応機種iOS:
iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plus
iPad Pro、iPad (2018)
Android (製品のリリースと同時にサポート可能になる)
Insta360 GO Androidの最小構成要件:
1. OTG: OTGサポート
2. SOC: Qualcomm 835/Kirin 970/Exynos 8895以上
3. システムバージョン: Android 7.1.1 以上(64ビットオペレーションシステム)
4. RAM: 3 GB RAM 以上
写真モード標準、インターバル写真
動画モード標準、インターバル撮影、タイムラプス、ハイパーラプス、スローモーション
EV自動
WB自動
ストレージ&接続BluetoothBLE4.0
USBAndroidデバイス/PC/Mac用
LightningiPhone/iPad用
本体ストレージ8 GB
バッテリー充電方法フルチャージした充電ケースは2.5回本体の充電ができます。
GOをフルチャージしていれば、1回の利用で3.5回の充電ができます。
充電時間GO: 約20分間
充電ケース: 約1時間
作動時間1日約200クリップの撮影ができる (平均1クリップ ~20秒)
使用環境使用温度: 0℃~50℃; ストレージ温度: -10℃~45℃

Insta360 GOの購入方法

Insta360 GOは2019年8月28日現在AmazonとInsta360公式オンラインショップにて予約販売中です。他店舗での発売が開始しましたらこちらにて紹介していきます。

海外では早速実機レビュー動画が掲載

NEW tiny camera that DOES THIS!!! Insta360 GO Review!

今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました