ファーウェイがLeicaのダブルレンズカメラを搭載した『 HUAWEI P20』を日本で発表!

Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『HUAWEI P20』

こんにちわ!こんばんわ!モビカメ@mobicamenet)です!

Huawei(ファーウェイ)は、2018年6月11日(月)に世界では発表済である、Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『 HUAWEI P20 』をSIMフリー端末として、直営オンラインストアや大手家電量販店、MVNO各社にて販売すると発表しました。発売日は 2018年6月15日(金)です。Amazonなどでは、すでに予約販売が開始されています。

P20シリーズラインナップとしては、 Huawei P20Proはドコモ、Huawei P20はSIMフリー端末、 Huawei P20liteは、SIMフリー端末と Ymobile と au 、 UQモバイル からの発売となります。

ファーウェイ の SIMフリースマートフォン フラグシップモデル として注目の端末なので紹介していきます!

スポンサーリンク

HUAWEI P20 の端末スペック

HUAWEI P20 のスペック表です。

Huawei P20 スペック表
各項目スペック
機種名Huawei P20
ディスプレイ5.8インチ
解像度2244 x 1080
SoCKirin 970
RAM4GB
ROM128 GB
OSAndroid 8.1
リアカメラ1200万画素(カラー)
2000万画素(モノクロ)
フロントカメラ2400万画素
バッテリー3400mAh
WiFi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
microSD256GB
防水防塵機能
本体サイズ149.1 x 70.8 x 7.65 mm
重量165g
接続端子USB TypeC
カラーミッドナイトブルー
ピンクゴールド
ブラック
発売日2018年6月15日(金)

HUAWEI P20 の通信キャリア対応バンド

■docomo(ドコモ)

docomologo

HUAWEI P20 で対応している周波数をドコモの対応周波数と照らし合わせてみました。

◆3G(FOMA フォーマ)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band6800MHz帯
Band91.7GHz帯×
Band19800MHz帯

◆LTE(Xi クロッシィ)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band31.7GHz帯
Band19800MHz帯
Band211.5GHz帯×
Band28700MHz帯
Band423.5GHz帯×

■au(エーユー)

HUAWEI P20 で対応している周波数をエーユーの対応周波数と照らし合わせてみました。

◆3G(CDMA2000)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band0-2800MHz帯×
Band6GHz帯×

◆LTE

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band111.5GHz帯×
Band18800MHz帯
Band26850MHz帯
Band28700MHz帯
Band423.5GHz帯×

■SoftBank(ソフトバンク)

Softbanklogo

HUAWEI P20 で対応している周波数をソフトバンクの対応周波数と照らし合わせてみました。

◆3G(W-CDMA)

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Bnad8900MHz帯
Band111.5GHz帯×

◆LTE

帯域バンド帯域周波数対応○ 非対応×
Band12.1GHz帯
Band31.8GHz帯
Band8900MHz帯
Band412.5GHz帯
Band423.5GHz帯×

HUAWEI P20 のオススメポイント

HUAWEI P20 の MobiCame からみたオススメポイントを紹介していきます!

ディスプレイは18:9の5.8インチ大画面!軽量でスリムなボディ!

Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『HUAWEI P20』

まずディスプレイは今年のトレンドである、アスペクト比が18:9の5.8インチ大型ディスプレイとなっています。ノッチ部分は、他のメーカーの機種と比べても、かなり小さくなっており、スマートフォン表面は、ほとんどが液晶となっています。ノッチが気になる人の為に、ディスプレイ設定からノッチ部分を隠す設定に変更することが、可能になっています。

端末背面を見ると、横向きにしてカメラ撮影をするデザインとなっていています。薄さ約7.65mm、重さ約165gの軽量でスリムなボディは、女性の手にもフィットしそうなデザインになっています!

プロのカメラマンも絶賛するLeicaのダブルレンズカメラ搭載!

Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『HUAWEI P20』

ファーウェイ の フラグシップカメラといえば Leica ( ライカ )というぐらい、MobiCameの知り合いでスマートフォンに詳しくない人からも、話を聞くようになってきました。

あまりカメラを詳しくない方の為に説明すると、 Leica ( ライカ )とは、ドイツの老舗カメラメーカーで、わかりやすくアパレル業界のブランドで例えると、シャネルやルイビトンといった一流ブランドです。現在もデジカメやレンズを開発生産しており、高価なものでは、100万円単位の商品もあります。日本でもプロカメラマンの方やハイアマチュアの方などで愛用されているブランドです!

今回紹介している『 Huawei P20 』には、この一流ブランドのレンズと、写真の写りに関してもLeica技術が入っています。F値は1.6とかなり明るいレンズを採用し、約2000万画素のモノクロセンサーと、約1200万画素のカラーセンサーを撮影時同時に使うことにより、芸術的な写真を撮影することができます。

レンズの奥に搭載されているイメージセンサーに関しても、様々な環境に合わせて色合いを調整し、Leica ( ライカ )ならではの、美しい色を出すことができます。背景ボケをきれいに出すための『 ポートレートモード 』や、撮影後にピントの位置やボケ具合を調整できる『 ワイドアパーチャ機能 』も搭載しています!

NO.3の写りと世界で認められた映像機関が評価!

Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『HUAWEI P20』

Apple が iPhone 発表会や、 Google が Pixel の発表会等、スマートフォンメーカー各社が、最近は発表会時に、ほぼ必ずカメラ性能を紹介する際に発表する映像評価機関『 DXOMARK 』のスコアで、 サムスン の GalaxyS9 や Apple の iPhoneX を抜いてNO.3の評価をされています。ちなみにNO.1は、上位機種である『 Huawei P20 Pro 』の109点となっています。

DXOMARK は、スマートフォンのみならずデジタル一眼レフカメラなども検証していて、その検証方法もこだわっており、現在のスマートフォンカメラの性能を判断する基準となっているので、今後スマートフォンを購入する際の検討材料にいれるといいですよ!

■参考リンク■【公式】DXOMARK サイト

AIアシストで被写体を認識して最適な設定で撮影が可能に!

Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『HUAWEI P20』

『 Huawei P20 』に搭載されているAIチップセットの中には、なんと!1億枚以上のサンプル画像を学習したデータが入っているそうです。そのデータを元に猫や犬、花や草木等を含む19種類ものシーンや被写体を、スマートフォン側で認識してくれて、自動で最適な撮影方法を設定してくれます!要は、カメラモードにして撮影したモノを画面に写せば、何が写っているかスマートフォンが認識して、それに最適な色や明るさなどを設定してくれてシャッターを押すと芸術的な写真が誰でも撮れる!ということです!写真を撮る時に、設定などがめんどくさくて、撮りたいけど撮影をちゅうちょする!という方にうってつけの機能ですね!

自撮り最強?フロントカメラは驚異の2400万画素!

Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『HUAWEI P20』

フロントカメラは、なんと!約2400万画素と超高解像のセンサーを搭載してるので、きれいな自撮り撮影ができます! ポートレートモード という、10段階のナチュラルな補正、そして女性に喜ばれる ビューティーモード や、顔の構造を認識して陰影をつけスタジオ撮影のライティング効果を選択できる 3Dライティング機能 も搭載されています。自撮りをする時に、これだけの機能が搭載されている機種はないですね!

HUAWEI P20 を取り扱う格安SIM各社一覧

HUAWEI P20 を販売する格安SIMサービス各社を紹介します。
※各社が行っているキャンペーンなどにより端末価格が、時期などにより変わります。

多彩な撮影方法とLeicaレンズでカメラで選ぶならファーウェイか!

Leicaのダブルレンズカメラを搭載した『HUAWEI P20』

フラグシップ機として今回発表された『 Huawei P20 』世界でも高い評価されていて、日本でも間違いなく売れる機種だと思います。ディスプレイのキレイさはもちろん、 Leica ( ライカ ) のカメラ、そして今年のトレンドを取り込んだAI機能など、 SIMフリースマートフォン でオススメは?と聞かれた時にカメラを撮るのであれば、数機種触ってから『 Huawei P20 』を触ってみることをオススメします!発売は、2018年6月15日(金)ということなのでぜひ、家電量販店などで触って検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
MobiCame編集長
MobiCame

話題性のあるモバイルガジェット商品や通信サービスの情報、デジカメ情報を掲載誌!

MobiCameをフォローする
スポンサーリンク
スマートフォン
MobiCameをフォローする
MobiCame(モビカメ)┃モバイルガジェットやスマホ、デジカメに関する情報発信メディアサイト