ファーウェイが『HUAWEI nova 4e』を発表!日本でもP30liteとして発売か?

ファーウェイが『HUAWEI nova 4e』を発表

こんにちわ!こんばんわ!
モビカメ(@mobicamenet)です!

ファーウェイは、中国でnovaシリーズの最新機種である『HUAWEI nova 4e』を発表しました。昨年日本でも発売された『Huawei P20lite』は、中国での製品名が『HUAWEI nova 3e』だったことからこのHUAWEI nova 4eが、日本で『Huawei P30lite』として発売される可能性が高いので注目の機能やスペックを紹介していきたいと思います。

ファーウェイがHuawei P20 liteを発表!デュアルカメラに大画面ディスプレイ搭載
Huawei(ファーウェイ)はデュアルカメラを搭載した『Huawei P20 lite』を日本で発表しました。中国で発表された『HUAWEI nova 3e』であると考えられます。
スポンサーリンク

HUAWEI nova 4eのスペックや注目の機能紹介

ファーウェイが『HUAWEI nova 4e』を発表

HUAWEI nova 4eの詳細スペックに関しては、後ほど比較表を掲載しますがミドルスペックのスマホとなり中国での販売価格は、RAM4GBモデルが1999人民元(日本円で約3万4000円)RAM6GBモデルが2299人民元(日本円で約3万9000円)となっています。

最大の特徴は、背面に2400万画素(F値1.8)の広角カメラを含むトリプルカメラを搭載していることと、フロントカメラは驚異の3200万画素(F値2.0)を搭載していること。そして1670万色NTSC比96%の発色性能を実現した6.15インチフルHDPlus(2312×1080)液晶を搭載していることです。この3つの機能に注目して紹介していきたいと思います。

2400万画素(F値1.8)の広角カメラを含むトリプルカメラを搭載

HUAWEI nova 4eに搭載されている背面カメラの構成は、2400万画素(広角レンズF値1.8)と800万画素(超広角レンズ)と200万画素(被写界深度測定用)のトリプルカメラとなっています。トリプルカメラ搭載は、昨年発売された『Huawei P20 Pro』からはじまり『Huawei Mate20 Pro』などハイエンドスマホに搭載されてきました。しかし、今回はミドルクラスであるHUAWEI nova 4eにも搭載してくるのは初めてです。

HuaweiのP20Pro(HW-01K)製品レビュー | ライカトリプルレンズ
Huaweiは、docomo ( ドコモ )の2018年夏モデルとして P20Pro HW-01K を発表しました。発売時期は、2018年6月下旬を予定しています。

HUAWEI nova 4eのカメラ性能 HUAWEI nova 4eのカメラ性能

2400万画素(F値1.8)カメラは、絞り値であるF値が1.8と明るいレンズを採用した広角カメラ、そして120度の超広角レンズでは、2400万画素のレンズよりもおよそ2倍の画角を撮影することができます。3つ目の被写界深度測定用200万画素カメラを搭載することで、景色のみならずポートレート撮影での背景ボケが、きれいに撮影できそうです。

ファーウェイカメラの特徴であるAI撮影にも対応しパンダ、古代建造物、集合写真、滝、食べ物、日の入り日の出、曇り、植物、海、雪、ステージ、テキスト、紅葉、青空、車、自転車、夜景、犬、花、花火、ポートレート、ねこといった最大22種類の場面を自動で認識してくれます。

驚異の3200万画素(F値2.0)のフロントカメラを搭載

HUAWEI nova 4eのAIカメラ

自撮り(セルフィー)大国の中国でフロントカメラは、重要な注目機能のひとつとなっていることからHUAWEI nova 4eに搭載されているフロントカメラも驚異の3200万画素(F値2.0)という高画素となっています。

HUAWEI nova 4eのフロントカメラ性能

フロントカメラにもAI機能が搭載されており、青空、植物、花、海、夜景、屋内、雪、ステージといった8種類の場面を自動認識し最適な表現をしてくれるのですが、もう一つ自撮りをした際に立体的(3D)補正機能が搭載されており輪郭など顔の形をきれいに見せてくれます。 美顔モードは数多くの中華スマホで搭載されてきましたが、顔の色補正などで立体的な補正は初?どんな風に補正してくれるか興味があります。

ハリウッド映画に匹敵するNTSC比96%の高色域ディスプレイ

HUAWEI nova 4eのディスプレイ性能

HUAWEI nova 4eは、昨年のノッチから水滴型ノッチへ進化し表示される範囲が広がり、画面サイズも5.8インチから6.15インチへ拡大されています。発色はNTSC比96%の高色域、ドイツの厳格なTÜV Rheinland認証基準テュフ ラインランド社認定Eye Protectionモードを搭載しブルーカットなどにより目に優しいディスプレイとなっています。

HUAWEI nova 4eとHuawei P20liteのスペック比較表

HUAWEI nova 4e カラーラインナップ

HUAWEI nova 4eとHuawei P20liteの詳細スペックを比較表にして紹介します。

以前にHuawei P20liteに関する記事を掲載していますので併せてどうぞ!

ファーウェイがHuawei P20 liteを発表!デュアルカメラに大画面ディスプレイ搭載
Huawei(ファーウェイ)はデュアルカメラを搭載した『Huawei P20 lite』を日本で発表しました。中国で発表された『HUAWEI nova 3e』であると考えられます。
nova 4eとP20liteのスペック比較表
各項目スペックスペック
機種名nova 4eP20lite
ディスプレイ6.15インチ5.8インチ
解像度2312×10802280 × 1080
SoCKirin 710Kirin 659
RAM4GB4GB
ROM128GB32GB
OSAndroid 9.0Android 8.0
リアカメラ2400万画素
800万画素
200万画素
1600万画素
200万画素
フロントカメラ3200万画素1600万画素
バッテリー3340mAh3000mAh
WiFi規格a b g n aca b g n ac
microSD対応対応
防水防塵機能
本体サイズ高さ 約152.9mm
幅 約72.7mm
厚み 約7.4mm
高さ 約149mm
幅 約71mm
厚み 約7.4mm”
重量約159g約145g
接続端子USBtypeCUSBtypeC
カラーガーランドブルー
パールホワイト
マジックナイトブラック
クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック

GCFにてHUAWEI P30 liteが認証通過

昨日認証機関であるGCFの認定製品が更新され、その中にHuaweiが申請していた『MAR-LX1A』が認定されました。製品名には『HUAWEI P30 lite』と記載されています。対応バンドは、LTEは2100(Band1)1800(Band3)1700(Band4)2600(Band7)900(Band8)800(Band20)2600(Band38)W-CDMAは2100(Band1)1900(Band2) 1700(Band4)850(Band5)900(Band8)GSMは850,900,1800,1900となっている。

日本では、ファーウェイジャパンよりMAR-LX2Jとして技適申請されておりこちらが日本版の型番になるようです。今回発表になったHUAWEI nova 4eが『MAR-AL00』にて申請されてたことからHUAWEI nova 4eが日本でHUAWEI P30 liteとして発売されることが確実となりました。

HUAWEI nova 4eが日本で発売されれば間違いなく人気スマホへ

ミドルクラスとしては、かなりコスパのいいスマホに感じるHUAWEI nova 4eですが、記事の初めでも触れましたが、日本でもHuawei P30liteとして発売されることが予想され、中国での価格と近い価格で発売された場合、昨年のHuawei P20liteと同じぐらい人気がでるスマホとなることは間違いなさそうです。最近では、日本でもnovaシリーズが発売され人気のあるファーウェイのミドルクラススマホが、今年は一気に性能を向上させ日本でも登場するかもしれませんね。

【3月23日更新】Huawei P30シリーズリーク情報
この記事ではHuawei P30シリーズとして発表が予想されるP30 Pro,P30,P30 liteに関するリーク情報を随時更新しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました