HTCNIPPON が待望の U11 を国内SIMフリー発売か?業界初の試み達成なるか? | MobiCame

HTCNIPPON が待望の U11 を国内SIMフリー発売?業界初の試み達成なるか?

シェアする

HTCNIPPON_Campaign201712

こんにちわ! こんばんわ! モビカメ@mobicamenet)です!

HTCNIPPONは、Twitterで2017年12月25日(月)までに20,000フォロワー達成で 日本国内にて『 HTC U11 』の SIMフリー版発売と国内では未発売の ソーラーレッド を5名にプレゼントするというキャンペーンを開催すると発表しました。

スポンサーリンク

キャンペーン応募方法

1.HTCNIPPONの公式Twitterアカウント( @HTCJapan ) をフォロー
2.下記ツイートをリツイート

HTCファン待望のSIMフリー機発売を応援!

HTCU11_red

日本国内では、大手キャリア主にau(エーユー)からの販売をしている HTC のスマートフォンですが、2015年には、MVNO向けに『 HTCDesireEYE 』や『 HTCDesire626 』といったSIMフリー端末を供給し販売していました。昨年は、auから『 HTC10 』が発売されています。最近の格安SIMブームから大手キャリアよりもランニングコストが安価なMVNOへ移るユーザーも増えてきており SIMフリー端末業界も緩やかに活性化してきている中、ハイスペックSIMフリー端末を、しかも一度キャリアから出ている端末をSIMフリーで出すのは業界初ではないでしょうか?

ユーザーが声を挙げればメーカーも応えてくれる!

日本でもSIMフリー端末が話題になりだしたのが、つい最近ですが、一気に様々な海外メーカーが日本市場に投入してきました。今までは大手キャリアのSIMを使って端末もキャリアで販売しているものしか使えなかったことが、SIMも端末も自由に選べる仕組みになってきています。

しかし、端末メーカーからすると1台のスマートフォンを企画製造販売までに様々な工程があり、莫大な予算も考えなければいけません。この中で日本の場合は、技適認証も必要となります。メーカーからすると1台発売するとなるとある程度数字を見込んで売れる端末を投入しないといけません。

個人的に次にもしSIMフリー端末を出すのであればミドルクラスの端末で販売価格を抑えた端末を選ぶのではないかな?と思っていましたが、フラグシップ機である U11 をまさかこのタイミングで出すかもしれないという状況に少し驚いています。

しかし、あくまでも個人の希望だが、もし U11 の SIMフリー端末 が発売となった場合に現在のミドルクラス価格帯である 3万円から4万後半ぐらいの価格で出てくれればどうだろう?
あのハイスペック端末をその価格で購入できるのであれば、格安SIM との運用で使えば大手キャリよりも毎月のランニングコストを下げて使うことが出来るのでお得ではないだろうか?

なにわともあれ、ぜひ20,000人のフォロワーとなり発売を期待しつつ待ちたい!

関連記事