「HTC台湾本社の社内を見たい!」という夢がかなった!【おひとりさま助け合いプロジェクト】 | MobiCame

「HTC台湾本社の社内を見たい!」という夢がかなった!【おひとりさま助け合いプロジェクト】

シェアする

HTC_taiwan

こんにちわ! こんばんわ! モビカメ@mobicamenet)です!

今までスマートフォンの製造に関しての情報をネットやメーカー主催のイベントに参加して聞いたり製品本体に触れることしかできなかったが、今回HTC NIPPON様の開催されていた【おひとりさま助け合いプロジェクト】に参加し私が希望していた、「HTC台湾本社の社内を見たい!」という無茶なお願いにも関わらず、様々な方のご協力を頂き今回の訪問が実現できました。HTC NIPPONの方々及び今回の旅をサポートして頂いたY様、そして本社訪問にて調整頂いた川木様、本当にありがとうございました!
では早速、HTC社の本社へ伺った感想とこの記事を見て頂いているみなさんと情報共有したいことなどを書いていきたいと思います。

見た感想や雰囲気に関してなので技術的なことや、もちろんまだ発表されていない最新情報等に関しては、掲載しておりませんのでご了承下さい。

スポンサーリンク

HTCとは?

HTC Corporation(エイチ・ティー・シー・コーポレーション)は、台湾を拠点とするスマートフォンメーカーです。過去には、Windows MobileやWindows Phoneの端末を製造していましたが、現在は、Androidを搭載したスマートフォンや、最近ではVRゴーグルの 『 HTC VIVEを製造販売しています。以前は、High Tech Computer Corporation(ハイ・テック・コンピューター・コーポレーション)という社名でしたが現在は、頭文字からHTCとなったそうです。

日本では、HTC NIPPON株式会社(エイチ・ティー・シー・ニッポン)が、NTTドコモとソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイルブランド、現在のワイモバイル)、KDDI(auブランド、沖縄セルラー電話を含む)にスマートフォンを供給したり、Simフリー端末として、 HTC Desire 626 や HTC Desire Eye を発売しています。

最新情報は、公式アカウントで配信されており下記となります。
・Twitter @HTCJapan
・Facebook HTC JAPAN
・YouTube  HTC NIPPON
・Instagram htc_japan

いざ!HTC本社へ!

HTC_taiwan

HTC本社(昼)

HTC本社は、台湾の新北市新店区という観光で有名な台北市から少し南に位置する場所にあります。台湾MRTの大坪林という駅から徒歩で10分程の距離にあります。周りは自然もあり、新しく近代的な建物も立ち並んだりしている地域です。本社の建物は、白の外壁で遠くから見て目立つ大きさです。

HTC_taiwan

HTC本社(夜)

夜になると社名のロゴが光り外壁の白も目立つステキな建物です。

いざ建物内へ!

HTC_taiwan

入り口でHTC NIPPONのサメちゃんこと川木さんと合流!あとで気づいただのですが、旅のテーマであった『 サメちゃんを癒やす 』というというよりも私が癒やされるという結果になったことは、この後お話していきます(川木さんごめんなさい)

1階フロアーには、アート空間がある!

まず正面入りすぐに見えたのがこのアート空間!CEOであるシェール・ワン氏が、アートを好む方ということでこの場所を作られたそうです。来社した日にもステキな絵が展示されており、私も絵画が好きなので時間があればもう少しゆっくり見たかったですが、今回は少しの時間、見させてもらいました。この作品は、外部の方が参加できる展覧会だそうで、社内の方が見て新しい感覚を取り入れる事ができるのでステキなイベントだなと感じました。

HTC VIVE がこんなにたくさん?試作品を集めたオブジェ!

HTC_taiwan

1階のフロアーを進むと次は、壁に 『 HTC VIVE 』のロゴマークがありました!
HTC VIVE 』は、台湾国内ももちろん世界や日本でもVR関係に詳しい方であれば触られた方もいらっしゃると思いますが、ゲームで楽しんだり、3Dペインティングで絵を立体的に書いたりすることができるんです。VRアーティストの関口愛美さんのオフィシャルサイトに作品を掲載されているので気になる方はぜひ!

しかし、遠くから見てもゴツゴツした感じにいろいろくっついているような感じがしますね。

HTC_taiwan

近くに寄ってみるたくさんの『 HTC VIVE 』が繋がっていました!
えーっと・・・一台おいくら万円だったような・・・と小心者の私は、恐る恐る見てみると基盤などはついていない!ケースだけ使っているのか!ということでちょっと落ち着いて見てたら試作機を使ってこのオブジェが作られていました。上記の写真は、一部だけなので全体で見るとすごい数の試作機からあの製品が生まれたんだなと感じました。

発表になったばかりのHTC U11plusの大きなタペストリー

HTC_taiwan

発表になったばかりの『 HTC U11+  』の大きなタペストリーが有りました!私もタペストリー前で撮影したのですが、htの2文字ぐらいで人が1人入るくらいなのでかなり大きいものす。載っているのは、Ceramic Black(通称:半スケ)というカラバリの物で以前に他メーカーが、出していたようなガチガチのスケルトンではなく、少し・・・という話は、この後で記載しますね笑

フロアーの隅にはオシャレなカフェがあった!

HTC_taiwan

フロアを進んでいくとオシャレなカフェがありました。社内の人や商談等の時に使われている様な感じですね。近くにはソファーの様な大きな席もあり、数人で使える様なスペースがあるなど、過ごしやすいスペースです。

HTC U11 はここで発表会が開催されていた!

HTC_taiwan

ここが1階フロアーで最後にご紹介するポイントです!
あれ?何処かで見たことあるなぁと思ったら『 HTC U11 』の製品発表会が行われていた場所です!

携帯電話研究家として有名な山根博士こと山根康宏さんが、発表会の様子をアップされています。発表会時は、先程のタペストリーが、『 HTC U11 』だったんですね。
次のページからは、違うフロアーへ移動します! 2ページ目につづく

関連記事