スマホと自動同期できる、リモートでも録音を可能にした唯一のデバイス「GoPlay Mic」発売!

シェアする

GoPlayMic

Yigo Space Science & Technology Co., Ltdのスマホと自動同期できるマイクで、リモートでも録音を可能にした唯一のデバイス「GoPlay Mic」を、動画ショッピングサイトDISCOVER にて発売開始しました。

スポンサーリンク

GoPlay Micとは

「GoPlay Mic」とは、スマホと自動同期できるワイヤレスマイクです。
アプリからBluetooth接続してスマートフォンから撮影の操作すると、CD品質と同様の音声ファイルとして、内蔵ストレージに保存されます。保存された音声データは、WiFiで直接スマートフォンに転送され、転送が完了後、GoPlayマイクの内蔵ストレージに保存されているデータファイルは消去されるという仕組みになっています。

GoPlay Micの仕様

  • 電源タイプ:内蔵充電式リチウム電池
  • マイクタイプ:MEMSマイク(半導体マイク)
  • ワイヤレスタイプ:Bluetooth 4.0およびWiFi
  • 録音時間:最大録音時間は約925分
  • 録音モード:モノラル周波数応答:50-18000Hz
  • 記録フォーマット:24bit 44.1kHz Wav(リニアPCM)
  • 最大音圧レベル:120 dB
  • 信号対ノイズ比:65 dB
  • 歪率:1%@ 94dB 1kHz
  • 感度:-3 dBの-26 dB FS誤差
  • サイズ:34 x 34 x 13.7 mm
  • 重量:約15 g
  • 温度範囲:0〜50℃

GoPlay Micの特徴

GoPlayMic

  • スマートフォンとの自動同期
  • Bluetooth 4.0 対応
  • 強力なマグネットクリップ搭載
  • 内蔵されたビデオエディター
  • 8GB内蔵ストレージ搭載
  • 内蔵ストレージで保存したのち、デバイスへデータ転送後自動消去
  • 自動的に待機状態になり、WiFiをシャットダウンするスマート節電
  • CD品質のオーディオ:24Bit / 44.1kHz
  • スタンバイ16時間、録音1.5時間。
  • パワーバンク(チャージャー)を使用することにより3倍の時間使用可能
  • 精密な時刻調整プログラム
  • GoPlayからスマートフォンへのワンクリック一括検索
  • ブレークポイント(中断点)での再開機能

GoPlay Mic 紹介動画

GoPlay Mic 開発の経緯

開発者は、中国北京に在住のスティーブン・ガオさんという方です。
この方は、プロのサウンド業界で数十年間映画業界に携わり、2008年北京オリンピック開会式準備など、多くのレコーディングやイベントに参加された方だそうで、ガオさんの経験が、「GoPlay Mic」開発のきっかけになったそうです。

ある日スマートフォンで、息子さんが自転車に乗る姿を撮影されたのですが、音声がきちんと録れておらず、せっかくの思い出を記録することが出来ずに残念な思いされたそうです。

そこでフィルム業界の映像と音声を別に収録しするシステムに着目され、映像と音声を別々に記録し、スマートフォンでアプリを使って「自動同期」するGoPlayマイクの開発に至ったそうです。

GoPlay Mic は YouTuber にとって最高のガジェット?

スティーブン・ガオさんの経験からも感じられるように、この製品は、スマートフォンでビデオブログの様な普段の生活を動画投稿しているYouTuberの方、ビデオブロガーの方にとって、最高のガジェットになるのではないかな?と感じました。

スマートフォンのマイク性能が発達してきたとわいえ、やはり内蔵マイクの性能だけではカバーできない場面も多いと思います。そういう時のこの「GoPlay Mic」が、問題を解決してくれるのでは、ないでしょうか?

これからスマートフォンで撮影するビデオブロガーの方、YouTuberにとってスタンダードな商品になることができるか、今後期待の商品です。

GoPlay Mic 販売元

現在、まだ見たことのないプロダクトを、動画を使用して、アイデアやこだわり・機能・ストーリーをユーザーに伝える、作り手の為のショッピングサイト動画ショッピングサイトであるDISCOVERにて発売中です。

商品ページ

Source:@Press

関連記事
■関連記事