デジカメWatchアワード2017が発表!1位になったのはSONY?Canon?それとも・・・ | MobiCame

デジカメWatchアワード2017が発表!1位になったのはSONY?Canon?それとも・・・

シェアする

dezikamewatch_camera2017

こんにちわ! こんばんわ! モビカメ@mobicamenet)です!

デジタルカメラ関連メディアサイト大手のデジカメwatchは、今年発売されたレンズ交換式デジタルカメラから最大5機種を読者投票で選ぶ デジカメWatchアワード2017 が発表されました。今年も様々な機種が出てどれも魅力的な製品でしたが、はたしてどの機種がランクインしているのでしょうか?順番に見ていきましょう!

スポンサーリンク

5位: PENTAX KP

PENTAX KP

PENTAX KP

有効約2,432万画素のAPS-Cセンサー、最高でISO 819200と驚異的な高感度デジタル一眼レフカメラ『 PENTAX KP 』です。フィルムカメラの様な小型ボディに5軸・5段のボディ内手ぶれ補正機構を搭載するなど高機能を搭載した機種です。

PENTAXでフィルムカメラと言えば『アサヒペンタックス』と聞くと、フィルムカメラファンの方も多く、歴史も長いブランドなのでこれからも良い製品に期待したいですね。

MobiCame も PENTAX を持っていて一時期流行となった『PENTAX Q10 』というカメラです。スゴク小さいのですが、レンズ交換式で面白い写真が撮れます!

4位: FUJIFILM GFX 50S

FUJIFILM GFX 50S

FUJIFILM GFX 50S

商業写真やスタジオポートレートの用途に向けて開発されたFUJIFILMの中判ミラーレスカメラ『 FUJIFILM GFX 50S 』です。5140万画素という高解像度のプロ用カメラです。今までにないセンサーサイズの中判ミラーレスカメラというジャンルをつくった機種になります。今年購入されたプロの方が多く、Canon、Nikon、という2台カメラ業界の巨塔に負けないフィルム技術から培ってきた色の再現性が評価されています。

FUJIFILMの機種は、デジカメ初期の頃から使っていますが、現在もコンパクトデジカメの『 X30 』でお世話になっています。その前は、『 X10 』も使っていましたが、あのレトロ感のあるのデザインは好きな人が見ると欲しくなります!昔は、ハニカム構造を採用したCCDセンサーを三菱電機製の携帯電話カメラに搭載されたりしていましたが、ぜひまたスマートフォンにもブランド名を出す機種がでてくれたらうれしいですね。

3位: SONY α9

SONY α9

SONY α9

今年大きくメディアでも取り上げられ注目を浴びたαシリーズ伝統の9ネーミングを引き継いだSONYの新フラグシップブランドとして発売された『 SONY α9 』がランクインです。個人としては、この機種か、先程紹介したFUJIFILMの『 FUJIFILM GFX 50S 』のどちらかが1位と思っていたのですが、意外でした。今年から多くの機種に搭載されているメモリー内蔵センサーで最大サイズの35mmフルサイズ積層型CMOSセンサーでシャッターチャンスを逃すことのない高速連写搭載、撮影領域のほぼ全面となる約93%をカバーする、693点の像面位相差検出AFセンサーと驚異的なAFエリア等フラグシップ機に似合うスペックになっています。

2位: SONY α7R Ⅲ

SONY α7R III

SONY α7R Ⅲ

35mmフルサイズ裏面照射型の有効約4240万画素という高解像!α7シリーズ最新機種である『 SONY α7R Ⅲ 』が2位にランクインです!α9の機能を一部搭載するなど、高解像度カメラでありながら先代の『 α7R Ⅱ 』から比べるとかなりの性能アップが図られています。

今年は『 α7Ⅲ 』の発売が期待されていましたが、噂ベースで結果来年になりそうですが、そちらも1月のCES2018で発表されることを期待しながら待ちたいです!

1位: Nikon D850

Nikon D850

Nikon D850

栄えある第1位に輝いたのは投票全体の約50%獲得するという圧倒的投票数で『 Nikon D850 』でした!おめでとうございます!今年は、創立100周年ということで各地で様々なイベントも開催されその年に発売されるフルサイズ一眼レフということで開発にも力が入り、日本のみならず世界のユーザーからも注目され発売から品薄が続き現在も予約注文からの発送という状態だそうです。

グッドデザイン賞2017やデジタルカメラグランプリ2018」にて最高位の総合金賞を受賞するなど多方面から支持されている機種ですね。昨年からいろいろ噂されカメラ事業の存続も・・・と噂されていましたが、ミラーレス一眼カメラの新機種も期待したいですし、幻となったDLシリーズの復活をMobiCame的には願っています。CP+で見た時に衝撃的でほんと購入しようか迷ったので!

ランキング総評

ランク外にも様々な機種がでていましたが、今回はCanonの機種がトップ5に入っていなかったのがちょっと残念ですね。他にもPanasonicのフラグシップ機である『 Panasonic GH5 』やOLYMPUSの『 OM-D E-M10 MarkIII 』もランク外でした。

2017年は、CP+2017への参加やNikonの創立100周年イベント、RICOH大阪ショウルームのリニューアルオープンイベント等様々な場所に参加させて頂きました。

参考僕も参加します!カメラ女子も必見!今年は子連れでも楽しめそう♪【CP+2017】

参考Nikon(ニコン)初のファンイベント『ニコンファンミーティング』が8月東京、9月大阪で開催!

参考【RICOH】リコーイメージングスクエア大阪がリニューアル!最新のTHETAを触りに行こう!

来年はまず、CES2018へ・・・という予定をたてたいですが笑 CP+2018へは参加予定です(入場事前登録受付中)ここ数年は、参加して様々な機種を見ていますが、来年はどんな新機種を触ることができるのかワクワクします!それでは!

関連記事