シャープの世界最軽量シャープ製有機ELを搭載したAQUOS zero SH-M10を発売

シャープの世界最軽量シャープ製有機ELを搭載したAQUOS zero SH-M10

こんにちわ!こんばんわ!
モビカメ(@mobicamenet)です!

シャープは、すでにソフトバンクから発売されている世界最軽量スマホそして初のシャープ製有機ELを搭載したハイエンドスマホである『AQUOS zero』のSIMフリーモデルとなるAQUOS zero SH-M10を、4月9日より発売すると発表しました。昨年の発表会時から気になりソフトバンクで販売されている実機を触った時の軽さが衝撃的だった製品ですが、カメラなどの製品スペックもすごいので紹介していきます。発売前に実機を触ることができましたので最後に感想を記載してますので最後までどうぞ!

スポンサーリンク

AQUOS zero SH-M10のスペックや機能紹介と購入先

AQUOS zero SH-M10のスペックや注目の機能紹介

AQUOS zero SH-M10の詳細スペックに関しては、後ほど比較表を掲載しますが、主な特徴としては、約6.2インチの高精細スマホとしては初のシャープ製有機ELを搭載しパネル全体が緩やかにカーブする独自のラウンドフォルムを採用、QualcommのSnapdragon 845、RAMは6GB、ストレージは128GBのハイエンドクラススペックを搭載しながらも世界最軽量の約146gという手に持って実感できる軽さのスマホです。もちろん、カメラ性能などもハイエンドに似合った様々な便利な機能が搭載されているので順番に紹介していきます。

有機ELディスプレイにアラミド繊維背面パネルとマグネシウム合金フレームを採用し軽量かつ強度もあるボディ

AQUOS zero SH-M10は有機ELディスプレイにアラミド繊維背面パネルとマグネシウム合金フレームを採用し軽量かつ強度もあるボディ

AQUOS zero SH-M10には、薄く軽いシャープ製有機EL、背面のパネルにはアラミド繊維を使った帝人株式会社のテクノーラ、側面のフレームには加工が難しいとされてきたマグネシウム合金を採用することで世界最軽量の約146gを実現するとともに、強度と耐久性に優れたボディとなっています。

2260万画素広角カメラと画質エンジンProPixで夜景シーンもきれいに撮影

AQUOS zero SH-M10は2260万画素広角カメラと画質エンジンProPixで夜景シーンもきれいに撮影

カメラは光学式手ブレ補正を採用した2260万画素広角カメラにAIオート撮影を搭載、自動で被写体や撮影シーンにあったモードへ自動で撮影することができます。画質エンジンにはシャープ独自の『ProPix』を採用、ノイズリダクション効果でノイズが出やすい夜景撮影でも、きれいな写真を写すことができます。

AQUOS zero SH-M10はセルフィーをする方には嬉しいAQUOS beauty機能を搭載

セルフィーをする方には嬉しい美肌や小顔、色合い、明るさ、目の大きさの調整をファインダーで確認しながら撮影することができるAQUOS beauty機能も搭載してます。

シャープ独自の音声アシスタント機能エモパーを搭載

AQUOS zero SH-M10はシャープ独自の音声アシスタント機能エモパーを搭載

当初はスマホだけでしたが、最近はシャープ製のテレビにも搭載されるなど様々な製品に広がってきたシャープ独自の音声アシスタント機能である『エモパー』も引き続きAQUOS zero SH-M10に搭載されています。モビカメもシャープ製ガラケーでエモパーを使ったりしますが、音声で話さなくても今日の天気や情報を教えてくれたりしてくれるのは、他の音声アシスタントと違い便利だと感じています!

防水やおサイフケータイにも対応

AQUOS zero SH-M10は防水やおサイフケータイにも対応

日本製スマホということで防水やおサイフケータイにも対応しています。SIMフリースマホではまだまだおサイフケータイ対応が少ない中ハイエンドモデルで対応してくれるのは、利用者にとってうれしいですよね。もちろん顔認証や指紋認証といったセキュリティ機能も搭載しています。

AQUOS zero SH-M10のスペック表

AQUOS zero SH-M10のスペック表

AQUOS zero SH-M10の詳細スペックをして紹介します。

AQUOS zero SH-M10のスペック表
各項目スペック
機種名AQUOS zero SH-M10
ディスプレイ6.2インチ
解像度1,440×2,992
SoCSnapdragon 845
RAM6GB
ROM128GB
OSAndroid 9
リアカメラ約1300万画素
フロントカメラ800万画素
バッテリー3130mAh
WiFi規格802.11 b/g/n/ac
microSD対応
防水防塵機能IPX5/IPX8/IP6X
本体サイズ高さ約154mm
幅約73mm
奥行き約8.8mm
重量約146g
接続端子USBtypeC
カラーアドバンスドブラック
その他VoLTE対応
発表日2019年 4月 9日

AQUOS zero SH-M10の販売に関して

ONEモバイルONEが発売記念価格としてキャンペーンを開催中です!

AQUOS zero SH-M10が発売記念価格でONEモバイルONEが最安価格
シャープが先日発売したフラグシップSIMフリースマホのAQUOS zero(SH-M10)が、OCNの格安SIMサービスであるOCNモバイルONEにて発売記念価格の73,224円(税込)で販売されています。OCNモバイルONEでは、発売後のキャンペーンでスマホが安く購入できる機会がありますが、人気機種に関しては発売時に発売記念価格が行われますので気になっていた方はお得に購入できるチャンスです!

AQUOS zero SH-M10を実際に触った感想

AQUOS zero SH-M10を実際に触った感想

2019年4月6日に行われた『IIJmio meeting 23 osaka』にて発売前ですが、AQUOS zero SH-M10の実機を触ることができました。

AQUOS zero SH-M10の展示と実際に利用されている内部の液晶フィルム、そしてアラミド繊維背面パネルとマグネシウム合金フレームが置かれていました。一番衝撃的だったのがマグネシウム合金フレームの軽さです。持った感じは、プラスチック製と感じるぐらいの軽さなのですが、プラスチックのようにしなったりはせずに弾くと金属のような弾力性がありました。金属フレームも薄くして軽くすることはできますが、やはり強度が不安になりますが薄くても安心できる構造だと感じました。

AQUOS zero SH-M10を実際に触った感想

次にAQUOS zero SH-M10の中身ですが、搭載アプリに関してはキャリアに搭載されているような画面いっぱいに不要なアプリが入っているということはなく、素のAndroidに近い感じの印象を受けました。カメラの起動も早くオートフォーカースフレームや操作UIもわかりやすくて日本人向けの使いやすい操作感になっています。ディスプレイは液晶のシャープ健在だなぁと感じさせてくれる程、ひと目できれいと感じました。

持ってよし触ってよしのハイエンドSIMフリースマホAQUOS zero SH-M10は、人気がでる機種になると思いますのでぜひみなさんもチェックしてみてください!

MobiCameではミドルクラスモデルのAQUOS sense2の紹介記事も掲載していますのであわせてどうぞ!

シャープがAIオート撮影搭載したAQUOS sense2を発表
シャープが大人気のSIMフリースマホ『AQUOS sense』の後継機として、約5.5インチIGZO液晶ディスプレイ搭載し、カメラ性能の大幅向上と、AQUOS senseとしては初のAI認識撮影モードを搭載した『AQUOS sense2』を発表しました。

今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました