Ankerが初のUSBtypeCとライトニング対応ケーブルを発売

アンカージャパン初のUSBtypeCとライトニング対応ケーブル

こんにちわ!こんばんわ!
モビカメ(@mobicamenet)です!

モバイルバッテリーや充電器のAnker(アンカー)ブランドを展開するアンカージャパンは、AppleのMFi認証を取得した同社初のUSBtypeCとライトニングケーブルAnker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル(0.9m)』を3月5日よりAnker公式オンラインストア及び Amazon等にて販売開始すると発表しました。

充電スピードの向上からUSBtypeC対応のケーブルが普及してきましたが、スマホではAndroid端末のみでした。このケーブルを利用することでiPhoneの充電スピードやMacBookへのデータ通信時便利になるなど利便性がかなり向上されます。

スポンサーリンク
MobiCame LINEアカウント開設記事更新情報プレゼント企画情報などを配信していく予定です。配信頻度は週1回ほどを予定しています。LINE友だち追加

Anker初のUSBtypeCとライトニングケーブル

アンカージャパン初のUSBtypeCとライトニング対応ケーブル

発売開始されたAnker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルの特徴は下記の3つになります。

USB Power Delivery(USB PD)対応でiPhoneを急速充電

最新急速充電規格であるUSB Power Delivery(USB PD)に対応していることから『Anker PowerPort Atom PD 1』のようなUSB PD対応のUSB充電アダプターを利用することでiPhone XS30分で最大50%まで充電することができます。

USB充電アダプター以外にも下記の記事のようなUSB PD対応モバイルバッテリーもオススメです!

AnkerがPowerDelivery対応のモバイルバッテリーPowerCore+26800 PDを発売
アンカージャパン株式会社は、2017年8月14日(月)より、 Power Delivery 対応の超大容量モバイルバッテリー『Anker PowerCore+ 26800 PD』を発売開始しました!

AppleのMFi認証製品なので安心

Amazonなどで販売されている安価なケーブルなどではついていないAppleのMFi認証ですが、認証の有り無しの違いを簡単に説明すると、認証がない場合でもiPhoneなどのApple製品で利用できるかもしれないがAppleとしては推奨していません。Appleが推奨していないので、充電できない場合もあるのです。iPhoneも今や端末価格が、10万円前後の製品となってきましたので安価なケーブルで破損したり故障の原因になると残念ですよね。数百円の違いで大きな損をしないようにケーブルは、MFi認証製品の利用をオススメです!

USBtypeC対応でケーブル一本で充電とデータ通信が可能

MacBookではUSB Aポートが廃止されUSBtypeCポートのみとなったことから今まで、iPhoneを充電する際に変換コネクターやUSBハブを利用して充電されていた方も多いのでは?Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブルを利用することで、変換せずに高速通信や急速充電が可能になります。

MacBookとiPhoneの組み合わせでは必須になるケーブル

アンカージャパン初のUSBtypeCとライトニング対応ケーブル

MacBookやiPad、iPhoneといったApple製品で生活している方にとっては待ちに待った便利なケーブルですね。純正製品では発売されていましたが、ガジェット大手のアンカージャパンの製品クオリティーで安価に購入できるケーブルは1本購入されてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました