モバイルバッテリー発火事件発生!

消費者庁が重大事故としてモバイルバッテリーの発火事件が発表されました。
利用されているモバイルバッテリーは大丈夫ですか?

詳細情報はこちら

ソニーのα7Ⅲを製品レビュー | フルサイズミラーレスカメラ

α7mark3

こんにちわ!こんばんわ!モビカメ(@mobicamenet)です!

ソニーは、最先端カメラ技術を凝縮したフルサイズミラーレスのベーシックモデルである『α7Ⅲ』を遂に発表致しました!昨年から当サイトでもリーク情報などを取り上げ発売を心待ちにしていたα7Ⅱの後継機!前作との違いなどを確認しながら見ていきましょう!2018年3月23日発売予定、2018年3月2日10時からソニーオンラインストアにて先行予約販売開始予定です。推定販売価格は、『α7III』ボディのみが230,000円前後、『α7III』ズームレンズキット(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS) 250,000円前後となっています。

スポンサーリンク

α7Ⅲ の特徴とスペック

α7mark3

ここからは、α7Ⅲのスペックと特徴等を紹介していきたいと思います!

センサーは新開発35mmフルサイズ裏面照射型搭載!

有効約2420万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと、新世代の画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)を搭載、ISO感度最高51200(静止画拡張時 ISO50-204800)は、α7Ⅱと比べて有効画素数はほぼ同じ、ISO感度の最大値に関しては4倍となり暗所での撮影にも強くなっています。

フラグシップ機であるα9のAF性能プラス新機能を搭載!

α7mark3

次にオートフォーカスに関しては、高精度へとへんかされα9に搭載された撮像エリア全体約93%をカバーする693点像面位相差AFセンサー(α7Ⅱは117点)を搭載!コントラストAF枠が425点(α7Ⅱは25点)となり検出精度が大幅に向上しています。AF速度や追随性能は、α7Ⅱと比べ約2倍に向上!

静止画撮影可能枚数がミラーレスカメラ業界最大!

今までのバッテリー(NP-FW50)から2倍の容量を持つNP-FZ100を搭載することで静止画撮影可能枚数がミラーレスカメラ業界最大の710枚と電池の容量を気にすることなくガンガン撮影できるようになりました!

デュアルメディアスロット搭載!USB端子はtypeCへ対応!

最近のフラグシップ機ミラーレス機のトレンドであるメディアを2枚挿入することができるデュアルメディアスロットになり、同時記録やリレー記録に対応しています!

充電時やデータ転送時に使用するUSBポートは、今までのMicroUSBからUSB3.1対応USBtypeCへと変更になり高速データ転送及び充電スピードも向上しています。

待望のα7Ⅲはスペックも申し分なし!

sonycpplus

一部の機能をピックアップし比較してみたがこれ以外にも5.0段の光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能やスローモーション動画機能、高速連写機能など前作のα7Ⅱとは全くの別物に感じるほどの性能アップです。

いち早く触りたい方に朗報!2018年3月1日(木)から2018年3月4日(日)まで横浜で開催されるCP+2018にて先行展示されることも発表されています!実機を使っての撮影体感ができるということでぜひ気になっている方は行きましょう!

コメント